プロキャンパー・さくぽんおすすめ!キャンプ初心者が揃えるべきアイテム13選 + あると便利な道具4選!

 /  24,462 Views

梅雨も明けて、本格的なキャンプ & アウトドアシーズンの到来!そこで今回は、さくぽんことプロキャンパーの佐久間亮介さんに、テントやシュラフ、ランタンなど、快適なアウトドアライフを過ごすために準備しておくべき必需品と、その選び方を教えてもらいました!

「キャンプをやってみたい!」とは思ったものの、そもそもどんな道具を揃えたらキャンプができるのかよく わからない……という人がたくさんいます。
今回は、これからキャンプを始めてみたいという方向けに、どんな道具を揃えるべきなのか、なぜそのキャンプ道具が必要なのか、購入時の注意点などをご紹介します。
さらに、すでにキャンプ道具を揃えているけれど、なんだかまだ初心者を抜けきれないという人に向けた中級者へとレベルアップできるキャンプ道具もご紹介していきます。
ぜひ、この記事を参考にキャンプ道具を揃えて、憧れの初キャンプを大成功させてください。 大きいクルマとキャンプの相性は抜群!あなた好みのキャンプ道具をもって、楽しいキャンプを!

テント

秘密基地感覚。テントはその日の「家」になる最重要キャンプ道具!

▲Ogawa『AIRE』¥70,000(+tax)

キャンプを楽しむ上で必須となるテント。初心者の頃は、設営に慣れずに時間がかかるもの。まずは、キャンプメーカー各社が販売しているエントリーモデルを購入するのがおすすめです。ドーム型と言われるテントの方が、比較的建てるのが簡単です。寝袋やマットなどの他、洋服や私物をテントの中に置くことも想定すると、説明書に記載されている使用人数は、実際に使用する人数「+1」くらいが目安となります。

>>おすすめテントはこちら
  

タープ

日陰を作ることによって快適度がグッと高まる快適アイテム!

▲TATONKA『Tarp 1 TC 445×425』¥29,000(+tax)

海辺や草原など、日を遮るものがないキャンプ場で大活躍するのがタープ。大まかに分けるとより開放感の得られる“オープンタープ”と、居住空間が広く快適度が高い“スクリーンタープ”の2種類あります。いろいろな形状のものがあり、見た目の好みで選びやすく、かつ、風が通りやすいので夏にオススメなのが“オープンタープ”。一方、“スクリーンタープ”は雨が降ったときも快適に過ごせる全天候型。キャンプへ行く季節や見た目の好みに合わせて購入しましょう。

>>夏のキャンプを快適に過ごすためのアイテムはこちら 
  

テーブル

家族、グループの団らんの場となるメインテーブル。

▲KOKAZE『Folding Wooden Table

家のリビング同様に、家族や友人などと一緒に食事をとるために必要なのがテーブル。足の高さが調節できるものや、天板の下に小物を置けるように工夫されたもの、アウトドア向けにコンパクトに収納できるものなど、様々です。近年のキャンプはロースタイルが主流。チェアと高さを統一すると快適に過ごせて、かつ、写真映えもします。メインテーブルの他に、食材を置いたり、調理をしたりなど、多用途で使えるサブテーブルもあると便利!

>>テーブルほかBBQの必須アイテムはこちら
  

チェア

一人一脚。キャンプだけじゃなく、ピクニックなどでも大活躍。

▲Snow Peak『ローチェアショートアイボリー』¥21,800(+tax)

キャンプでは意外とチェアに座っている時間が長いです。自然の中でゆったり過ごしたいのであれば、自分にピッタリあったチェアを探したいところ。テーブル同様に、ハイスタイルやロースタイルなどがあり、さらにミニマムなスタイルがあったりと、種類が豊富。座面の高さや足を伸ばした感覚、生地の素材感など、人それぞれ好みがあるので、実店舗で試しに座ってみて、好みにあったものを選ぶのがよし!

>>おすすめアウトドアチェアはこちら
  

マット

これがないと寝不足になるかも。マットは超重要なキャンプ道具。

▲THERMAREST『Z LITE™️ SOL』¥7,200(+tax)

意外と忘れてしまいがちなマット。テントの中に敷いて使います。マットを忘れてしまうとテントの中とはいえ、ほとんど地面の上に直接寝ているのと同じことになり、背中が痛いです。大きく分けると、ウレタン素材のマット、空気で膨らむエアーマット、ウレタンと空気をかけ合わせたインフレータブルマットの3つのタイプがあります。これもチェア同様に好みが分かれるので、実際に寝て試してから購入するのがオススメです。

>>マットなど快適な親子キャンプに必要なアイテムはこちら
  

寝袋(シュラフ)

キャンプだけでなく、災害があったときにも便利な寝袋は1人1個

▲Kammok『Thylacine Ultralight

季節問わずキャンプを楽しむのであれば必要となる寝袋。マミー型、封筒型といった形や、中の素材がダウンか化学繊維でできているかによって、性能や使用する季節が変わります。快適使用温度などと記載された数値を目安に、いつ、どこでキャンプをするのかによって、買うべき寝袋が異なりますし、夏場は暑すぎるので寝袋が必要ないことも。キャンプ初心者であれば、比較的安価でハードに使える、化学繊維でできた封筒型の寝袋を買うのがベターな選択です。

>>おすすめ寝袋(シュラフ)はこちら
  

次ページ:【アウトドアでの料理に欠かせないアイテムや灯りをご紹介】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking