Jeep®×green birdの百名山プロジェクト 〜日光白根山の清掃ハイキングレポート〜

 /  16,553 Views

日本の森づくりをサポートするJeep® のCSV活動『Realの森』と、ゴミ拾いボランティアを行うNPOの『green bird(グリーンバード)』がコラボレーション。Jeep® とのクラウドファンディングによる、第2回目の清掃ハイキングが栃木県、日光白根山で実施された。

★>>【おすすめ記事】Jeep®とgreen birdの百名山プロジェクト ~日光・男体山の清掃ハイキングリポート~

★>>【おすすめ記事】フェス会場の風物詩、ボードウォークをみんなで整備!Jeep® は今年も<フジロックの森プロジェクト>を全力でサポート!

Jeep® が日本の森林環境の保護・再生に取り組む『Realの森』と、「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生したおそうじボランティアプロジェクト『green bird(グリーンバード)』。この両者のタッグにより始動したのが、『百名山プロジェクト』だ。昨年、奥日光の男体山で実施された第1回目に続き、今回は8月11日(土)の山の日に、丸沼高原にある日光白根山で清掃ハイキングを実施した。Jeep® とgreen birdの目指すべきものを存分に感じられた清掃ハイキングの模様を、参加者たちの言葉とともにレポートする。

『百名山プロジェクト』第2弾は、関東以北最高峰の日光白根山

そもそもgreen birdとは、“KEEP CLEAN, KEEP GREEN.”を合言葉に、2002年に活動をスタートした原宿・表参道発信のNPOプロジェクト。「街を汚すことはカッコ悪いことだ」という精神のもと、個人をはじめ、企業・団体などその輪は年々広がり、現在では国内約80チーム、海外約10チームで精力的に活動している。

そのgreen birdがJeep® のサポートを受け、さらにクラウドファンディングでの支援者により目標が達成され、スタートしたのが『百名山プロジェクト』。街だけでなく、自然環境を守る活動にグリーンバードらしく貢献することを目的に、原則として標高1,500 m以上という基準で選定した山での清掃ハイキングを昨年からスタートさせた。

第2回目となる今回は、朝6時に代々木公園明治神宮側入口広場に集合。時間が近づくにつれて参加者が続々と集まり、事務局のスタッフや、これまでの活動で顔を合わせていた参加者などが再会を喜ぶ様子も見かけた。そして参加者全員が集合し、スタッフがスタート前のあいさつを終えると、いよいよ原宿発のバスにて日光白根山へ出発!

今回訪れるのは、栃木と群馬の県境に位置する日光白根山。山岳随筆の大家として知られる深田久弥選「日本百名山」のひとつで、標高2,578mは関東以北で最高峰の山だ。そして優れた景観と多種多様な高山植物の美しさから、昭和32年には日光国立公園の特別保護地区にも指定されている。また、ふもとにある丸沼高原からロープウェイを使って山頂まで手軽にアプローチできることから、季節問わず多くのハイカーで賑わう関東屈指の名山と言えるだろう。

ただしこの日は休日ということもあり、行きの道路がなんと大渋滞! 予定より数時間遅れて現地に到着したが、そこは臨機応変にスケジュールを変更することに。気がついたらお昼が近づいていたので、早速みんなでBBQだ。行きのバスでは各々の時間を過ごしていた参加者たちも、BBQを食べながらここぞとばかりに自己紹介タイム。お腹を満たすと同時に、これから始まる清掃ハイキングを前にしたコミュニケーションの場として最適だった。

次ページ:【日光白根山頂で清掃ハイキング!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking