【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

国内外の人気アウトドア&アパレル・ブランドから、冬のおしゃれを暖かく彩る定番ファッション・アイテムのフリースを厳選してご紹介!

登山やトレッキング、スキーやスノーボードといった冬のアウトドア・アクティビティにおけるファッションでは、しっかりと体温を保つための“相棒”が必要になる。中でも、レイヤリングすることで細かな体温調節が可能なフリースは、冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する定番アイテムだ。今シーズンもさまざまなブランドから暖かい&コスパの良いフリースが続々と登場する中で、RealStyleが注目するアイテムをご紹介!

※この記事は、2018.11.15に掲載した「【フリース特集2018】秋冬のアウトドア/街着で活用したい、おすすめフリース14選!」の内容を再編集し、増補改訂したものです。

SOPHNET.(ソフネット)『POLARTEC THERMAL PRO BOA FLEECE CREWNECK TOP』

ブランドのらしさが詰まった素材感&シルエットのボアフリース

SOPHNET.-1 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

SOPHNET.-2 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

▲『POLARTEC THERMAL PRO BOA FLEECE CREWNECK TOP』¥18,000(+税)

1998年に清永浩文氏によって設立されたソフを原点に、改名した2002年以降も洗練されたカジュアル・ウェアを生み出してきたソフネットは、ドメスティックブランドの代表格だ。同ブランドのらしさが詰まったこのボアフリースは、フリース素材の王道・ポーラテック社のサーマルプロを使用。その伸縮・保温性に優れた着用感の良さはもちろんのこと、素材感に合わせて肩線を緩やかに落とし、身幅をゆったりと見せるリラックスフィットはソフネットならではの魅力。また、ワイドなネックリブがレトロなアウトドア・ムードも演出してくれる。

▼INFO
有限会社ソフ
https://www.soph.net

ELDORESO(エルドレッソ)『Gebrselassie Fleece Jacket(Purple)』

保温性と通気性を兼ね備えた新感覚の“走れるフリースジャケット”

ELDORESO-1 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

ELDORESO-2 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

▲『Gebrselassie Fleece Jacket(Purple)』¥21,800(+税)

2016年にスタートした東京発のアース・ランニング・ブランドのニューアイテムは、同ブランドらしい発想から生み出された“走れるフリースジャケット”だ。ボディには保温性が高いマイクロフリース、前身頃上部と背中のヨークには防風撥水性を持つナイロン素材を採用。蒸れを軽減するためにライナーを排除して背中にベンチレーションを搭載し、袖口にはサムホールを備えるなど、アクティビティに対応したギミックも魅力だ。ユニセックスで着られるサイズ感とカラーのデザインは、冬のランニング・ウェアとして映えること間違いなし!

▼INFO
ELDORESO
https://eldoreso.stores.jp/

HOUDINI(フーディニ)『Ms Alto Half Zip』

ウールの特性を生かしたハーフジップセーターはミッドレイヤーに

HOUDINI-1 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

HOUDINI-2 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

▲『Ms Alto Half Zip』¥26,000(+税)

スウェーデン生まれの女性クライマー・ロッタ氏が、クライミングで窮地を切り抜けた際に、脱出マジックを得意とする伝説のマジシャン“ハリー・フーディニ”の名前を叫んだことがブランド名の由来というフーディニ。暖かく肌触りの良いこのハーフジップセーターは、寒い時には暖かさを、暑い時には涼しさを感じられるウールの特性を生かした1着だ。真冬においては、コートやシェルジャケットの下にミッドレイヤーとして着れば保温性は抜群。シンプルなデザインなので、タウンユースで着られるアイテムとしてもきっと重宝するだろう。

▼INFO
有限会社フルマークス
https://www.houdinisportswear.com/jp/

nonnative(ノンネイティブ)『EXPLORER 2WAY JACKET ACRYLIC PILE WITH NYLON TAFFETA STRETCH』

リバーシブル仕様のライニングジャケットはライナーとしても◎

nonnative-1 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

nonnative-2 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

▲『EXPLORER 2WAY JACKET ACRYLIC PILE WITH NYLON TAFFETA STRETCH』¥85,800(+税)

実用的なディテールと時流に合ったシルエットが魅力のノンネイティブからは、リバーシブル仕様のライニングジャケットをおすすめしたい。保温性の高いハイロフトのパイルフリースと、薄手かつ軽量なナイロンタフタを組み合わせたこちらは、スナップボタン開閉のフラップ、ダブルジッパーのフロント、各種ポケット、裾部のドローコードなど、細部に機能的なギミックを備えている。そしてノンネイティブの『TROOPER JACKET』や『SOLDIER COAT』のライナーとして取り付けることも可能なので、その際は同サイズを選ぶのがポイントだ。

▼INFO
TNP.CO.,LTD
http://nonnative.com/

L.L.Bean(エル・エル・ビーン)『メンズ マウンテン・パイル・フリース・ジャケット』

歴史あるブランドの人気シリーズから新色フリース・ジャケット

L.L.Bean_ 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

▲『メンズ マウンテン・パイル・フリース・ジャケット』¥15,000(+税)

1912年にアメリカ・メイン州でレオン・レオンウッド・ビーン(L.L.Bean)によって設立された同ブランドにおいて、幅広いラインナップを誇るフリースシリーズはアウトドア好きにとって定番のアイテムだ。中でもこのマウンテン・パイル・フリースは、アーカイブからインスパイアされたデザインで、今シーズンは新色が登場! 抜群の暖かさと着心地の良さは、厚手の300ウェイト・シェルパ・フリースだからこそ。そしてごわつかずに身体にフィットするサイズ感はレイヤー使いにもぴったりなので、タウンでもトレイルでも大活躍するはず。

▼INFO
エル・エル・ビーンカスタマーサービスセンター
https://www.llbean.co.jp/

karrimor(カリマー)『half zip reversible fleece』

機能&デザインのどちらも使いやすいリバーシブル・フリース

ddfa8af0a2dc8c4ffb4cf677a30643ae 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

76ef6c7cdffe33f7a91fd9427fe82b51 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

▲『half zip reversible fleece』¥31,000(+税)

アルピニズム発祥の地として知られるイギリスで1946年に生まれたカリマーは、“carry more”という語源の通り、サイクルバックメーカーとして誕生。その後は事業を拡大し、クライマーと共に生きるアウトドアブランドとして人気を集めている。2020AWモデルのハーフジップ・リバーシブル・フリースは、保温機能の高い素材〈POLARTEC®High Loft™〉と、高通気素材の〈PERTEX®QUANTUM AIR〉を表裏のそれぞれに採用。気候に応じてそれらを使い分けることで、機能面とデザイン面、どちらのメリットも受けられるのが他にはない魅力だ。

▼INFO
カリマーインターナショナル株式会社
http://www.karrimor.jp/

CHUMS(チャムス)『ボンディングフリースジャケット』

チャムス冬の定番ジャケットは、肉厚フリース素材が格別な暖かさ

34a6f3cee3e37bf3d69a66eb2d839cf3 【フリース特集2021】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍する、おすすめフリース15選!

▲『ボンディングフリースジャケット』¥13,800(+税)

アメリカ・ユタ州のリバーガイドによって1983年に設立された人気アウトドア・ブランドのチャムスからは、同ブランドにおける冬の定番『Bonding Fleece』のジャケットタイプをぜひ。2枚合わせのフリースの間に、さらに防風性のあるフィルムを挟むことで暖かさは格別(トップまで閉めれば首回りの保温性も◎)! そして、ふわふわな肌触りもファンが多い理由だ。生地が切り替えられた胸ポケットと、ブービーフェイスロゴの刺繍はデザインのアクセントに。特に寒さの厳しい真冬は、この上にアウターを羽織れば寒さ対策は完璧だ。

▼INFO
株式会社ランドウェル
https://www.chums.jp/

次ページ:【まだまだ続く人気ブランドのアイテム!ベスト型やロングタイプも!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking