【フリース特集2018】秋冬のアウトドア/街着で活用したい、おすすめフリース14選!

 /  18,382 Views

定番アウトドアブランド、スノーピークやコロンビアはもちろん、人気メンズアパレルブランドからも秋冬のおしゃれを彩るフリースをご紹介!

★>>【おすすめ記事】ポーラテック社に聞く、上質なフリース、アウトドアアイテム誕生の秘訣とは?

★>>【おすすめ記事】最新メンズ・ダウン10選!今年のアウターは機能性もデザイン性も抜群なアウトドア・ダウンで決まり!

この秋冬シーズン、Jeep® オーナーはどんな冒険に出かけるのだろうか。登山やトレッキング、スキーやスノーボードを筆頭にした冬のアウトドアアクティビティには、しっかりと体温を保つための相棒が必要になる。中でも、レイヤリングすることで細かな体温調節を可能にしてくれるフリースは、冬のアウトドア/街着の定番アイテムだ。今シーズンも様々なメーカーから、オススメのフリースが登場。中でもJeep®︎ が注目する14点をご紹介!

Columbia(コロンビア)『バックアイ スプリングス ジャケット』

インターチェンジシステムにも対応。高い可動性と着心地の両立

▲『バックアイ スプリングス ジャケット』¥7,900(+税)

アメリカが生んだ人気アウトドアブランド、コロンビアからは、肌触りと吸湿性の高いフリースジャケット『バックアイ スプリングス ジャケット』を。程よく体にフィットするシルエットと、薄手ながら保温効果に優れた素材が、あらゆるシーンでの動きやすさ/快適な着心地を実現する。デイリーユースから登山、キャンプ、フェスなどのアウトドアシーンまで幅広く活用できる。コロンビアの代名詞となっている別売のアウターとファスナーで連結できるインターチェンジシステムに対応したモデル。

▼INFO
株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン
http://www.columbiasports.co.jp/

Arc’teryx(アークテリクス)『ダレン フリース ジャケット』

50年代の知識人たちも愛用した、タイムレスかつ洗練されたモデル

▲『ダレン フリース ジャケット』¥14,000−(+税)

スキーやクライミングのフィールドとして人気のカナダの北バンクーバーで、地元クライマーたちが1989年に創設したアークテリクスは、雪山に適応した高い機能性が魅力。フルジップの柔らかな襟が首回りをスマートに魅せる『ダレン フリース ジャケット』は、重ね着してもシルエットをスタイリッシュに見せてくれる。Polartec®︎ Thermal Pro®︎ フリースとTencel®︎ の組合せで保温性と快適性を実現している。

▼INFO
アークテリクス/アメア スポーツ ジャパン株式会社
https://arcteryx.com/

PeakPerformance(ピークパフォーマンス)『Rider Print Zip Hood』

レイヤリングしやすく、デザイン性にも優れた一品

▲『Rider Print Zip Hood』¥16,000(+税)

1986年にスキーの町として有名なスウェーデンのAre(オーレ)で3人のスキーヤーたちが、機能性とデザイン性を兼ね備えた“自分たちの理想のウェア”を実現するために設立し、30年以上高い品質を守り続けるピークパフォーマンス。『Rider Print Zip Hood』は伸縮性&保温性抜群のフリース素材を使ったミッドレイヤーで、身体にフィットしたシルエットが熱を逃がさずに様々なアクティビティに対応できる動きやすさを実現。表地がさらさらとしているためレイヤリングしやすく、スキー、登山、トレーニングなどはもちろんのこと、スタイリッシュなデザインで街着としても活躍する。

▼INFO
株式会社アール・シイーテイー・ジャパン
https://www.peakperformance.jp/

The North Face(ザ・ノース・フェイス)『ジップイン バーサ ミッド ジャケット』

ジップインジップ仕様も嬉しい秋冬の定番アイテム

▲『ジップイン バーサ ミッド ジャケット』¥19,000-(+税)

1966年に米カリフォルニア州サンフランシスコで設立され、今や世界有数のアウトドアブランドとなったザ・ノース・フェイスには高い機能性を誇る様々なウェアがある。中でも『ジップイン バーサ ミッド ジャケット』は、十分なボリュームでウェア内を暖める秋冬の定番アイテム。通気性と保温性を兼ね備えたPolartec® 素材を使い、同規格のシェルとジョイントできるジップインジップ仕様。登山やトレッキング、日常でも着やすいデザインを実現している。

▼INFO
株式会社ゴールドウイン
https://www.goldwin.co.jp/tnf/

HOUDINI(フーディニ)『Mens Hairy Houdi』

クライマーが立ち上げたブランドならではの高い保温性

▲『Mens Hairy Houdi』¥28,000(+税)

創業者に当たるスウェーデン人女性クライマー、ロッタが、クライミング中に窮地を切り抜けた際に脱出マジックを得意とする伝説のマジシャン、ハリー・フーディニの名前を叫んだことからこの名がついたというフーディニ。『M’s Hairy Houdi』は抜群の保温性を誇るフリースフーディで、高い保温性&透湿性を兼ね備えたPolartec® High Loft™をメイン生地として使用。袖口には最適なフィット感を提供するPolartec® PowerDry® を使用することで、ミッドレイヤーとしても街着のアウターとしても快適に着用できる。

▼INFO
有限会社フルマークス
https://www.houdinisportswear.com/jp/

nonnative(ノンネイティブ)『SOLDIER LONG CARDIGAN ACRYL HIGH PILE』

人気ブランドが手掛ける洗練されたロングカーディガン

▲『SOLDIER LONG CARDIGAN ACRYL HIGH PILE』¥62,000(+税)

ノンネイティブ最大の魅力は、シンプルながら計算され尽くしたシルエット。この『SOLDIER LONG CARDIGAN ACRYL HIGH PILE』はやや薄手で軽い質感のアクリルパイル生地を使ったロングカーディガンで、トレンドのライナージャケットをモチーフにしたデザインや、ポケットと袖口の生地を切り替えたディティールが特徴的で、スタイリッシュな着こなしが可能。ノーカラーの特徴を生かしたレイヤードスタイルが楽しめる。ノンネイティブの旗艦店である中目黒の人気セレクトショップ『vendor』にて展開。

▼INFO
TNP.CO.,LTD
http://nonnative.com/

Oregonian Outfitters(オレゴニアンアウトフィッターズ)『ティラムーク フリースジャケット』

古き良きアメリカンスタイルのフリースジャケット

▲『ティラムーク フリースジャケット』¥24,000(+税)

メイド・イン・USAにこだわり、古き良きアメリカのアウトドアスタイルをコンセプトにしたファクトリーブランド、オレゴニアンアウトフィッターズ。『ティラムーク フリースジャケット』は、程よく毛足が長いパイル生地をベースに、肩部分と袖裏部分に60/40クロスを配置したフリースジャケットで、ボディにはUS東海岸のフリース生地の老舗、DAPER社の1/4インチ長の生地を採用。裏地にメッシュ素材を使用し、蒸れることなく着用できる。60/40クロスの配色が効いた他にはないアイテム。

▼INFO
有限会社トラウター
http://www.oregonian.jp/

次ページ:【定番アウトドアブランドや今年復活した話題のブランドのフリースも!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking