Camp・Fes

2023.10.05

【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

秋冬キャンプの醍醐味のひとつ・焚き火を安全に楽しむためにゲットしておきたいウェアを厳選してご紹介。アウター・ベスト・ポンチョ・パンツ・グローブなど、難燃性+αのハイスペックなアイテムをゲットしよう。

ソロからグループまで、今や秋冬のアウトドアでのキャンプにおける定番の楽しみが“焚き火”だ。ただし始めるにあたってビギナーは、焚き火台やテーブル、トングや火吹き棒といったギアにばかり目が向きがち。実際のところは、現地で着るウェアにも気を付けていないと、火の粉が飛んできてお気に入りの1着に穴が……なんてことも。そこで今回は、アウター・ベスト・ポンチョ・パンツ・グローブなど、難燃性をベースにさまざまな機能を搭載した焚き火ウェアを、国内外の人気アウトドアブランドから厳選してご紹介。焚き火のときに注意したい“炎”や“寒さ”、さらに“臭い”などをケアしてくれる高機能ウェアをぜひチェック!

※この記事は、2022.2.3に掲載した「【2022年・焚き火ウェア特集】冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア12選!」の内容を再編集し、増補改訂したものです。

<ジャケット>

Snow Peak(スノーピーク)『TAKIBI Jacket』

難燃性・耐久性・撥水性のすべてを兼ね備えた1着は焚き火に最適

1_1-1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

1_2-1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

▲『TAKIBI Jacket』¥61,600(税込)

ハイエンドなギアが支持されるスノーピークの、代名詞的な“TAKIBI”シリーズのジップアップジャケットがこちら。同ブランドが本社を構える新潟県で製織されたアラミド繊維×オーガニックコットンの混紡素材を使用し、難燃性・耐久性・撥水性のすべてを兼ね備えた、まさに焚き火に最適な1着。衣服内の換気を行うフロントのベンチレーションシステム、収納力の高い各種ポケット、裾のドローコードなど、細部のギミックも機能的だ。ユニセックス対応の幅広いサイズがあり、今シーズンのカラーはブラックとオリーブの2色展開。

▼INFO
株式会社スノーピーク
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

Jack Wolfskin(ジャック・ウルフスキン)『JP FIREWOOD WORK JK V2』

前身頃の上半分と下半分が異なる素材の焚き火シャツジャケット

re_2_1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

2_2 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

▲『JP FIREWOOD WORK JK V2』¥28,600(税込)

1981年にドイツ・フランクフルトで創業したジャック・ウルフスキンからは、焚き火がコンセプトのシャツジャケットをご紹介。何と言ってもそのデザインが特徴的で、前身頃の上半分がオーガニックコットン混撥水ストレッチオックス素材、火に近い下半分が国産難燃素材のフィールドテックスという仕様。太畝コーデュロイを使用した襟や、各所のトリプルステッチ、アシンメトリーなポケットレイアウトなどが、ワークジャケットらしいタフな印象を醸し出している。伸縮性や透湿性も備えているためアクティブなシーンにぜひ!

▼INFO
キャロウェイゴルフ株式会社
https://www.jackwolfskin.jp/

<パーカー>

mont-bell(モンベル)『フエゴパーカ Men’s』

モンベル独自の難燃性素材を使用したシリーズの焚き火パーカー

3-1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

▲『フエゴパーカ Men’s』¥15,180(税込)

難燃性ビニロンとコットンを組み合わせたモンベル独自の難燃性素材・フレアテクト®を使用した『フエゴパーカ Men’s』は、火の粉が飛んでも穴が空きにくく、自己消火性に優れているのが特長。重ね着しやすいゆとりのあるシルエットなので、焚き火の際はお気に入りのウェアの上に羽織っておくことをおすすめしたい。ジッパー式で両サイドからアクセス可能な背面の大型ポケットは、厚手の焚き火用グローブがすっぽり入る。モンベルでは“フエゴシリーズ”として、ハット・パンツ・エプロンなどもそろえているので併せてチェック!

▼INFO
株式会社モンベル
https://www.montbell.jp/

<ブルゾン>

Oregonian Camper(オレゴニアン キャンパー)『難燃マイヤーブルゾン』

難燃マイヤー&コットンを採用した焚き火仕様のUSAブルゾンン

5 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

▲『難燃マイヤーブルゾン』¥14,850(税込)

古き良きアメリカのアウトドアスタイルを継承するアイテムが、玄人キャンパーの心をつかむブランド・オレゴニアンキャンパー。このスタンドネック型のブルゾンも同様に、アメリカンなワークテイストのデザインと深みのあるカラー(OLIVE&BROWN)が魅力で、さらに身頃に難燃マイヤー(燃えないフリース)、袖に難燃コットンを採用している焚き火仕様だ。アウトドアで寒くなってきたら、裾を絞れるドローコードで保温性UP! 同ブランドの『難燃マイヤー焚き火パンツ』とセットアップで着れば、防護面もオシャレ面も完璧だ。

▼INFO
有限会社トラウター
http://www.oregonian.jp/

<ベスト>

muraco(ムラコ)『CAMP VEST BLACK』

火の粉に強い厚手のコットンキャンバス&多彩なポケットが魅力

4_1-1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

4_2-1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

▲『CAMP VEST BLACK』¥25,300

埼玉県狭山市を拠点とする金属加工工場から生まれたアウトドアブランド・ムラコは、モノトーンカラーとシンプルなデザイン、そして金属加工の世界で培われた技術とノウハウを生かした機能が特長のアイテムをラインナップしている。アパレルも魅力的なものが多く、『CAMP VEST BLACK』は焚き火の際に重宝する機能を備えたキャンプベストだ。素材には厚手のコットンキャンバスを使用しているため、焚き火の際に火の粉が飛んできても安心! そして大容量で多彩なポケットにはテント設営や焚き火の道具をたっぷり収納できる。

▼INFO
株式会社シンワ
https://muracodesigns.com/

GRIP SWANY(グリップスワニー)『FIREPROOF APRON VEST / COYOTE』

難燃ファブリックを採用した焚き火ベストはエプロンに早変わり!

5_1-1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

5_2-1 【2023年・焚き火ウェア特集】秋冬キャンプの楽しみ“焚き火”で役立つ最新&おすすめの高機能ウェア13選!

▲『FIREPROOF APRON VEST / COYOTE』¥15,180(税込)

アウトドアのタフな環境下で真価を発揮するギアが、創業から170年以上にわたって世界中のキャンパーたちに愛されるグリップスワニー。同ブランドは代名詞のグローブ以外にも、オンリーワンのデザインと機能のキャンプウェアが人気で、この『FIREPROOF APRON VEST』もそのひとつだ。大小の豊富なポケットを備えるとともに、オリジナルで開発した難燃ファブリックの焚き火ベストは、内側に隠れている生地を引っ張り出すことで一気にエプロンへと早変わり! 横のファスナーで身幅が調整できるのも着やすいポイントだ。

▼INFO
株式会社スワニー
https://www.grip-swany.co.jp/

RECOMMEND

RECOMMEND