【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

 /  54,099 Views

Nanga(ナンガ)『タキビ ダウンジャケット』

国産ダウンの名門より、焚き火にもタウンユースにも最適なダウン

nanga 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

nanga2 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

▲『タキビ ダウンジャケット』¥51,200(+税)

滋賀県を拠点とするダウンの名門、ナンガのダウンジャケットは、アラミド繊維を採用しているため焚き火のときも安心! 760フィルパワーの羽毛を150グラムも封入したボディは羽織った瞬間から温かく、腰ポケットにはハンドウォーマーも備わっているので防寒機能はまさに折り紙つきだ。また、7箇所に配置されたポケットにはヘッドランプやスマホ、手袋などのちょっとした小物が収納できるため、手ぶら派のクリスマスデートにも最適だろう。

▼INFO
株式会社ナンガ
https://nanga.jp/

Zanter Japan(ザンタージャパン)『ダウンパーカー WP-H』

南極観測隊も愛用。メイド・イン・ジャパンの最強ダウンパーカー

zanter 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

▲『ダウンパーカー WP-H』¥73,000(+税)

1951年の創業から60年以上にわたって南極観測隊用のワークウェアを提供し続けるザンター社は、生地や縫製、ダウンの精毛に至るまでそのすべてを国内で行っている数少ない日本製のダウンメーカーだ。そのノウハウを商品化したこちらは、極寒に耐えるダウンの保温性はもちろん、冷気の侵入を許さない二重構造&マジックテープの袖口リブなど、機能面において職人気質なこだわりの数々が光る逸品だ。

▼INFO
株式会社ザンター
http://www.zanter.co.jp/index.html/

NORRØNA(ノローナ)『フォルケティン ダウン750 フード ジャケット』

驚きの素材使いが光る、コストパフォーマンスの高いフード付きダウン

norrona 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

norrona02 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

▲『フォルケティン ダウン750 フード ジャケット』¥36,000(+税)

ノルウェーの老舗ブランド、ノローナから、軽量かつコンパクトに収納できるフード付きダウンジャケットをご紹介。驚くべきはその素材使いで、首、脇下、肘下、背面下部には摩擦や湿気によるダウンの劣化を考慮して化繊を採用。そして肩部分は内側をダウン、外側を化繊という二層構造にすることで保温と耐久性を両立させている。タイトなシルエットでありながら、美しい立体裁断によってスムーズに身体を動かせるためミッドレイヤーにもおすすめ。

▼INFO
有限会社フルマークス
https://www.full-marks.com/norrona/

PeakPerformance(ピークパフォーマンス)『ヘリウム ハイブリッド セーター』

ダウン本来の暖かさを味わうなら、ダウン“セーター”をGETするべし!

peakperformance 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

peakperformance02-1 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

▲『ヘリウム ハイブリッド セーター』¥24,000(+税)

ダウンといえば上から羽織るジャケットやベストが定番だが、ピークパフォーマンスが提案する一着はなんとダウン“セーター”。ダウンボールの保湿性が最も効果的に発揮されるだけでなく、ウェーブ状のキルティング加工がダウンの偏りを防ぐことで、中はカットソーだけでも温かく快適だ。襟元が他のアイテムと干渉しない丸首タイプなのも特長で、右肩にかけて配置したジッパーによってニット帽を被った状態でも着脱しやすいのも便利なポイント。

▼INFO
株式会社RCT Japan
https://peakperformanceonline.jp/

and wander(アンドワンダー)『ダイアモンド ステッチ ダウンジャケット』

表地、ダウン、そしてデザインが三位一体となったハイスペックな冬アウター

1 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

2 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

▲『ダイアモンド ステッチ ダウンジャケット』¥74,000(+税)

感度の高いアウトドアファンから注目を浴びる、東京発のブランド、アンドワンダーによる渾身のダウンジャケット。軽量かつ撥水、引裂、縫い目強度、重量比に優れた〈PERTEX QUANTUM〉を採用し、中身はポーランド産グースダウン90%+フェザー10%の配合で抜群の保温性を約束する。さらにフロントはダイヤ柄、バックはレッタンゴロというステッチが他にはないデザインのアクセントに。イチオシは裏地とのコントラストが引き立つオレンジ!

▼INFO
株式会社アンドワンダー
https://www.andwander.com/

karrimor(カリマー)『イーデイ ダウン パーカー』

軽量かつデザイン性にも優れた、多機能なダウンパーカーの最新モデル

karrimor_1-1 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

karrimor_2 【最新メンズダウン特集2019】冬のアクティビティは、機能性やデザイン性が抜群なアウトドアダウンで決まり!

▲『イーデイ ダウン パーカー』¥33,000(+税)

アルピニストも太鼓判を押すUKの老舗、カリマーより、2019年秋冬モデルのダウンパーカーが登場。軽量でありながら、高い耐久性・耐摩耗性を持つナイロン短繊維〈Cebonner〉を表地に、中綿には650FPダウンを採用している。また、フロントには外気の侵入を防ぐフラップ、裏地には起毛素材のハンドウォーマーポケット、さらに裾口には冷気の侵入から守るドローコードを備えているなど、ディテールへのこだわりも◎。

▼INFO
カリマーインターナショナル
https://www.karrimor.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking