UNMAP YOUR LIFE 〜山梨県、八ヶ岳・本沢温泉&硫黄岳編〜 温泉のある山旅で自分を解放する、こだわりの時間

 /  5,130 Views

「人生は、どこへ行くかではない。どう楽しむかだ」を体現する企画、UNMAP YOUR LIFE。今回はジープ レネゲードで、温泉のある山登り、そしてテント泊の醍醐味を満喫するのがテーマ。秋を先取りして、“ちょうど良さ”で人気の八ヶ岳へ向かった。

★>>【おすすめ記事】UNMAP YOUR LIFE~八ヶ岳、編笠山編~

★>>【おすすめ記事】UNMAP YOUR LIFE 〜長野県、戸隠編〜 ハイク&キャンプで自分を解放する、こだわりの時間

今年は、好天の日が多い夏で、各所で山歩きをする人が増えているという。
そして山歩きは、これから秋が絶好の季節。
猛暑は去り、天候は安定し、虫は減り、紅葉が始まる。
そしてなにより、山での天然温泉は至福の極みといえよう。

今回は、そんな秋にこそ訪れたいエリアをご紹介。
山梨県と長野県にまたがる八ヶ岳は30kmにおよぶ山域の総称であり、最高峰の赤岳(2,899m)を筆頭に3,000m弱の稜線が南北に伸びる。
エリア全域に渡って個性的な山小屋も多く、火山地帯だけに温泉、鉱泉も複数点在する。

我々が向かったのは、日本で最も標高の高い露天風呂を有する本沢温泉。テント泊の翌朝は、その標高の割には登りやすい硫黄岳(2,760m)に登頂した。

ぜひ、仲間で、家族で、カップルでこの秋の旅計画の参考にどうぞ。

首都圏発、中央自動車道を爽快ドライブ

8月、午前5時に都内を出発した。
今回の相棒は、『ジーブ レネゲード ロンジチュード(Jeep® Renegade Longitude)』と、学生時代の友人。
お互い平日は仕事に忙殺されているが、そのぶん週末は目一杯楽しむ主義。社会人10年目を過ぎ、趣味のアウトドアでは厳選した遊び方を追求するのがこだわりだ。
山歩きと温泉をテーマに、こだわりの山道を愛車に山道具を詰め込んで、いざ出発。

レネゲードは、都会の日常では使いやすいサイズでありながら、悪路ではジープ本来の走破性を併せ持つ。機能的な室内は様々な工夫を凝らされており、空間アレンジも自由自在。しかも、ボディカラーが多数用意されているので都会でのライフスタイルに合わせたチョイスが可能。

中央自動車道、諏訪南ICからワインディングロードを経て標高1,900mの登山口へ。

南諏訪ICから原村を抜け、桜平駐車場を目指す。

登山スタートは標高1,900mの桜平

夜明け前に都内を出発して約1時間、山梨県の大月を過ぎた頃には、目の前に抜けのよい山景色が広がる。
左手に南アルプス、右手に八ヶ岳連峰が徐々に見えてくると気分は山モードに。明日にはあの山の頂上に立つ予定だ。

緑のトンネルのような木々に囲まれたワインディングロードを抜けると、アスファルトからオフロードに変わる。

唐沢鉱泉との分岐。桜平の登山口を目指す場合は右手の夏沢鉱泉へと進む。ここから先がオフロードだ。

左右上下へと揺られながらさらに山奥を目指すと、一気に都会で過ごす日常から解き放たれた気分が増してくる。

桜平登山口の入り口。ここから先は車両での侵入は禁止。

車を停め、愛車とは翌日までしばしの別れとなる。
いよいよ山歩きの始まりだ。登山口を過ぎると一気に力がみなぎってくる。
最初の30分、夏沢鉱泉までは急な登り坂が続く。

夏沢鉱泉からさらに50分でオーレン小屋へ、ここで水分補給と小休憩。八ヶ岳は水分補給ができる場所が多いのが便利。

苔が多いのも八ヶ岳の特徴。樹林帯ではこういう景色はよく見られる。

オーレン小屋からは比較的勾配が落ち着き、約20分で夏沢峠に到着。一気に視界が開け、明日目指す硫黄岳の爆裂火口の一部が左手に見えてくる。

初日の最高地点となる夏沢峠(標高2,400m)を過ぎると、今度は下り道を40分ほど歩いて、お目当ての本沢温泉に到着。
利用料を払って、早速温泉へ。

奥に見えるのが、翌日目指す硫黄岳の爆裂火口。ここが日本最高所野天風呂『雲上の湯』だ。秋には周囲の木々が黄葉する。例年、この辺りが最も色付くのは10月の中旬(入浴料600円)。

次ページ:【キャンプで夜を明かし、翌日は硫黄岳を目指す】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking