【サングラス特集2018】定番、最新、スポーツ・アウトドアブランドから選ぶおすすめアイウェア10選!

 /  34,218 Views

ドライブ、フェス、スポーツに、これからの季節になくてはならないサングラス。レイバンなど定番ブランドのアイコニックなモデルから、オークリーなどスポーツ・アウトドアブランドの機能派モデルまで、メンズの人気アイウェアを厳選してご紹介します!

★>>【おすすめ記事】ブランド・タイプ別で選ぶ2017年版・最新アイウェア特集。今年トレンドのサングラスをGETして、夏をもっと楽しもう!

★>>【おすすめ記事】フェス&ドライブに揃えたいアイウェア・サングラス10選!アクティブなJeep®オーナーにおすすめの人気ブランドが勢揃い。

ようやくお出かけが楽しい季節になってきましたが、夏場のドライブやフェス、スポーツ、そしてアクティビティにおいては、紫外線から目を守るサングラスはハズせないアイテムとなりつつあります。とはいえ、どのアイウェアブランドが自分に合っているのかわからない……という方も少なくないですよね。

そこで今回は、昨年も好評を博した最新アイウェア特集をお届けします。持っておいて絶対に損はしない老舗ブランドの定番モデル、人と差をつけたい読者にチェックしてほしい新進気鋭ブランドのモデル、さらにスポーツやアウトドアのシーンにおいても疲れにくい/ハズレにくいアクティブ派におすすめのモデルまで、全10アイテムを厳選しました。ぜひ、今年の夏を彩る至高の1本と出会ってみてください!

【迷ったらコレ! 定番ブランドのアイコニックなモデル】

Ray-Ban(レイバン)『Clubmaster』

50年代の知識人たちも愛用した、タイムレスかつ洗練されたモデル

▲『Clubmaster』¥21,000(+税)

80年以上の歴史を誇るレイバンの50’sスタイルにインスパイアされたクラシカルなモデル。カウンターカルチャーの知識人や、公民権運動のリーダーたちが愛用していた『Clubmaster』と呼ばれるモデルで、その洗練されたデザインはモードにもストリートにも対応可能。もともとはパイロットのために開発されたレンズは快適性&タフさに優れ、タイムレスな魅力を放ちます。

▼INFO
ミラリジャパン株式会社
https://www.ray-ban.com/japan

Oliver Goldsmith(オリバーゴールドスミス)『CONSUL-g SG』

あの名優も愛した、イギリス生まれのアイコニックな逸品

▲『CONSUL-g SG』¥33,000(+税)

1926年に誕生した老舗オリバー・ゴールドスミスは、その大胆な色使いやデザインにより、ミュージシャンや王室にも愛されたアイウェアの代名詞的存在。『CONSUL』は名優マイケル・ケインが着用していたことで知られ、この『CONSUL-g SG』の54mmという絶妙なバランス感のレンズ幅(横幅)は、毎日着けたくなるほど快適です。定番のNero、高級感のあるオリジナル鼈甲柄生地を使用したDarker Tortoiseshell、そして高級感漂うVintageといった表情の異なるフレームとレンズカラーの組み合わせが男心をくすぐります!

▼INFO
マリビジョン株式会社
https://www.olivergoldsmith.com/

MOSCOT(モスコット)『LEMTOSH SUN』

100年の伝統を受け継ぐ、温故知新のアイウェア

▲『LEMTOSH SUN』¥30,000(+税)

およそ100年もの伝統を誇り、ウッディ・アレンやアレン・ギンズバーグといった文化人も愛したNY発のアイウェアブランド・モスコットが、過去の定番モデルを現代のスタイルに合わせてモダナイズ。この『LEMTOSH』は、ウエリントンとボストンの中間とも言える独特なレンズシェイプが魅力で、太すぎず、細すぎないフレームが知的な印象を与えてくれます。ファッション界からのラブコールも絶えない、まさに温故知新の1本です。

▼INFO
MOSCOT Tokyo
http://evicorp.jp/moscot_tokyo/

次ページ:【あなたは知ってる?新アイウエアブランドや人気セレクトショップが別注した限定モデルをご紹介】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking