アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

 /  8,009 Views

Jeep®︎ は「自由でありたい」アーティストの気持ちを汲み取ってくれるクルマ

──Jeep® の話題に触れていただいたので、森さんのラングラーについて伺います。何と言ってもパープルが印象的ですね。

2016年のバックカントリーエディションにあった特別なカラーです。ラングラーの前にはオールブラックアウトの「ジープ チェロキー(Jeep®︎ Cherokee)」に乗っていて、最新のデザインもテクノロジーも気に入っていたんだけど、お世話になっているディーラーで目撃したら「このムラサキを乗りこなせるのはオレしかいない!」と思いました。

0103_benmori_11 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

──確かに、森さんの雰囲気にピッタリです。

フィットしちゃいましたね。2018年はプロモーション活動が多くて、姫路や名古屋でも作品を紹介してもらう機会があったんですが、それ全部ラングラーで行きました。高速道路を走っているときの程よい重みがいいんですよね。「オレは今Jeep® を運転してる」という手応えがうれしい。フリーダムな感覚ですよ。自分のクルマに作品を積んで、自分が行きたい時間に出掛けるというのは。アトリエに籠っているときは、次々に湧き出るアイデアを描き切れない時間の不自由さが切ないですけど、それ以外の自分の行動は常に自由でありたい。その気持ちを汲み取ってくれるのがJeep® です。都内の美術館や絵画展に行くにもクルマ。だって電車、僕には不自由なんです。たまに乗ると2駅先でもたどり着かないことがある(笑)。

0103_benmori_12 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

──ご自身のJeep® で行ってみたいところはありますか?

トレイルですね。距離に関係なくほぼ毎日乗っているから、それなりにクルマを理解できていると思いますが、やっぱりオフロードを走らないとラングラーの真の実力はわからないですよね。たとえば北海道のバックカントリーまで行って、コイツのポテンシャルを最大限活かしてみたいです。広大な雪原とか、楽しそうですよね。

0103_benmori_13 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

海外個展開催の夢もJeep®︎ と共に

──昨年末から開催中の『ニュー・デライト』。森さんのアートを体感できるこの絵画展で、特に注目してほしい作品はありますか?

特別な1点を挙げるとしたら、今回のメインピースになった鳳凰です。下地の金色、お母さんが仕上げてくれました。僕の母親、妹の泉と同じようにDIYが得意で、犬の餌の皿置きの板を自分で金色に塗っていたんです。それが見事なゴールドだったので、僕の絵でも腕前を発揮してくれないかなとお願いして。最高のコラボでしょ?

0103_benmori_14 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

0103_benmori_15 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

──今年もまた様々な活躍を披露してくれると期待していますが、アーティストとしての10年後にはどんなビジョンをお持ちですか。

10年後? 地球は滅亡してないかな(笑)。もっともやりたいのは、ニューヨークやパリなど現代美術の中心地で個展を開くことです。もちろん日本のアートも刺激的で素晴らしいし、日本を拠点にしていくのは変わらないとしても、やはり海外でも認められてこそだと思っています。それは3年後には実現させたい。とにかく量と質にこだわって活動していきたいです。この前、ダリの絵を見て自信を失くしちゃったんですよ。あんなにデカくて緻密な作品を何枚も残していて、オレは大丈夫かって。

0103_benmori_16 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

──何というか、森さんらしい感傷の持ち様ですね。しかし森勉のアーティスト活動はまだ始まったばかりと言っていいのでは?

Jeep® にしても、軍用車からスタートして今年で78年でしたっけ。その長い歴史があってこその伝統だから、今の僕が慌てても仕方ないけれど、時間と勝負している実感は常にありますね。とにかく描きたいものだらけです。

0103_benmori_17 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

──3年後には実現させたい海外個展もラングラーで向かったら楽しそうですよね。

それ、最高のフリーダム! Jeep® に作品を積んでね。やってみたいなあ。このムラサキ、今見てもエキサイティングだから、海外を走ったらもっと興奮しちゃうでしょうね。

0103_benmori_18 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

Jeep® とのコラボも実現! 横浜・元町で、森勉展『ニュー・デライト』開催中

インタビューでも登場した母子コラボの鳳凰を含め、森勉さんの世界観に触れられる今年最初の個展が、1月13日(日)まで神奈川県横浜市中区のGALLERY Nで開催中。また、同ギャラリーが入る世界初のコンテナ・鉄骨混構造ビル『Le Noir横濱元町』では、森勉展に合わせてビル丸ごとJeep® イメージのラッピングを展開。かつてない複合的なプレゼンテーションをぜひ体感してください。

0103_benmori_19 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

0103_benmori_20 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

0103_benmori_21 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

▲左から、『Le Noir 横濱元町』オーナーの平沼さん、森さん、コンテナハウスを展開しているIRON HOUSE TETSUYAの引地さん。

INFORMATION

森勉展『ニュー・デライト』
開催日時:2018年12月22日(土)〜2019年1月13日(日) ※このイベントは終了しました。
開催場所:GALLERY N(神奈川県横浜市中区元町1-38-2 Le Noir横濱元町2階)
開館時間:火〜木 12:00〜18:30/金〜日 12:00〜20:00
休館日:毎週月曜
TEL:045-884-1263(4階 café Le Havre)

0103_benmori_22 アーティスト・森勉さんインタビュー!Jeep® はアーティストにとって最高のフリーダムを感じさせてくれる存在

Text:田村十七男
Photos:大石隼土

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking