Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

大事なのは風化させないこと、そして気持ちをキープし続けること

今年の雪育遠足の全スケジュール終了後、佐々木氏と井山氏にこの日の感想、そして今後の展望を伺った。

DSC_8412 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

▲佐々木明氏(写真左)、井山敬介氏(写真右)

──お疲れ様でした! まずは今年の雪育遠足を終えて率直な感想をお聞かせください。

佐々木
この雪育遠足のような、みんなの支え合いの気持ちだけで成り立つイベントってなかなか無いですよね。それがあれだけの笑顔を生むことができた。本当にみんなには感謝の気持ちしか無くて、それが子どもたち、親御さんたちにしっかりと伝わってくれていたら嬉しいなと感じています。

井山
まずこれだけのスキーヤーたちがインストラクターとして集まったのはすごいなと。もちろん、明を慕ってみんな集まってくれたわけですけど、でもそれ以上にスキーや雪、北海道という自分が育ったものの素晴らしさをわかっている人たちが、こういうイベントを通してその気持ちを伝えたいと思って集まってくれたのが素晴らしい。

DSC_8400 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

佐々木
僕らはみんな雪という自然の恵みを与えられて育った。そしてそれを還元するのは当たり前っていう心の持ち主たちがこのイベントには集まっている。そこにプロとかアマチュアとか関係ないし、“俺が俺が”ではなく“俺も俺も”伝えさせてっていう最高の精神を持った人たちによって成り立っているイベントなんです。

──今日のイベントで特にお二人が驚いたこと、または嬉しかったことは何でしたか?

佐々木
今日は個人的に挑戦したことがあって、教え方を変えたんです。今まではいわゆる教科書に載っているようなやり方をベースに話をすることが多かったけれど、いまいち伝え切れていない感覚があって。今回は自分なりにまず遊びの中で教えて、「それを前向いてやってみたら簡単じゃない?」みたいなやり方を試しました。そうすると子どもたちにも伝わって、一瞬で滑りが変わったんですね。子どもたちは“スポンジ”なので、人からの受け売りでは無い言葉で熱量を込めて教えると伝わるということを知れたのは、自分自身の成長にも繋がりました。

DSC_8395 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

井山
僕は子どもたちに「もう一本滑りたい!」とか「また来たい!」と言ってもらえるのがやっぱり一番嬉しかったですね。こっちが楽しくならないと伝わらないし、今日はこちらも発散させてもらいましたよ。

──これから先、お二人は雪育遠足をさらにどのようなものにしていきたいですか?

佐々木
この雪育遠足に限らず、復興支援に関しては自分の手を広げた範囲の中でしかできないものだと思っています。一年一年、僕が大事にしているのは風化させないこと、そしてあのときに思った気持ちをしっかりとキープし続けること。『SKIERS HELP FOUNDATION』というNPO法人は東日本大震災をきっかけに作られたものでその復興支援は続けていくとともに、自然災害が増え続けている時代なので、その1つ1つに対してやることはどんどん増えていく。それぞれを風化させないために動き続けていかなければいけないので、10年後20年後ではなく、始めた以上は自分の中で確実に前に進んで、人の笑顔に繋がることをこれからも続けていきたいです。

DSC_8323 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

井山
僕らは協力していただける方がいて大会に参加したり、イベントを開催したりできているわけですが、今度は若い次の世代を応援する番なのかなと。今日は先生役で小学6年生の子が来てくれていましたが、そういった子たちが将来何かするときにバックアップできるように、北海道中、日本中でベースとなる場所を作っていきたい。僕らみんなでそんな夢のあるスキー業界にしていきたいです。

DSC_8381 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

子どもたちにとって忘れることのできない最高のアドベンチャー

今年も関わる人間すべてのポジティブな感情に包まれた雪育遠足。この場所から、もしかしたら未来のスターが生まれるのかもしれない。ただしそれ以上に、この日集まった子どもたちに「教えてもらってうまく滑れるようになると楽しい!」という純粋な感情が芽生え、それを見守る親が我が子の成長に感慨を抱いてくれていたとしたら、それこそが雪育遠足の届けたかった最高の贈り物なのかもしれない。北海道の地でトップスキーヤーと滑ったこの1日は、子どもたちにとって忘れることのできない最高のアドベンチャーになったことだろう。

DSC_8036-1 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

▲主催者&参加者みんなで集合写真

DSC_8137 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

▲最後はプロスキーヤーの先生方、みんなでお見送り

▼PROFILE

佐々木 明(ささき・あきら)

1981年北海道生まれ。2014年のソチオリンピック含め、4大会連続で日本代表に選出。ワールドカップでは日本人最多の3回表彰台に上がる。2016年青山外苑前にオープンしたアスレチックショップNEUTRALWORKS.TOKYO内にあるパーソナルストレッチルーム「REBOOT stretch by Re.Ra.Ku」をプロデュース。またまた世界中の山と海を旅しながら、自然が持つ壮大なパワーに魅了され自分らしくいるための“旅”を愛して止まない。旅先での出逢いや感情・感性の変化を撮りためた写真や動画を発信している。

井山 敬介(いやま・けいすけ)

1978年北海道生まれ。幼少の頃から地元・富良野の雪に戯れて育つ。アルペンレーサーとして早くから頭角を現し、札幌第一高校時代にはナショナルチームに所属、ワールドカップに出場するなど、数々の実績を残す。2000年から技術選に参戦し、2005年にトップ10入り。2007・8年に総合連覇を達成し、2014年には6年ぶりに優勝。子どもから大人まで、スキーの魅力と雪の素晴らしさを伝える“雪育”の活動にも力を注いでいる。

今回使用した車

DSC_7674 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

DSC_7832 Jeepがサポートする復興支援プロジェクト『雪育遠足』レポート&佐々木明×井山敬介のトップスキーヤー対談!

ジープ グランドチェロキー ラレード(Jeep Grand Cherokee Laredo)

【主要諸元】
全長:4,835mm/全幅:1,935mm/全高:1,825mm/乗車定員:5名/エンジン種類:V型6気筒 DOHC/総排気量:3,604cc/使用燃料:無鉛レギュラーガソリン/最高出力:213kW(290ps)/6,400rpm[ECE]/最大トルク:347N・m(35.4kg・m)/4,000rpm [ECE]/駆動方式:常時4輪駆動/全国メーカー希望小売価格¥5,240,000〜(消費税込)2020年1月16日現在

商品に関するお問い合わせは、FCA ジャパン株式会社まで。
ジープ フリーコール 0120-712-812(9:00~21:00、無休)
https://www.jeep-japan.com/

Text:ラスカル(NaNo.works)
Photos:安井宏充(Weekend.)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking