75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

Jeep_75th_f_5069 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

IMG_9115 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

▲『Jeep® FC-150 concept』

ここからは、FCAが今年3月のイースタージープサファリ(ジープの祭典)に出展したコンセプトカーをご紹介。まずはFC-150コンセプト。FCとはフォワードコントロール、すなわちキャブオーバー型のトラックのことで、元々は50年代にCJ-5をベースにつくられたトラックを指す。このコンセプトカーはTJ型ラングラーをベースにFCを再現したもの。エイジングしたボディで雰囲気満点だった。走りは・・・普通(笑)。

Jeep_75th_f_5077 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

▲『Jeep® Trailcat concept』

トレイルキャットはラングラーの幅を思い切り拡げ、思い切り太いタイヤを履かせた上で、ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット用に開発された6.2リッターV8スーパーチャージャーから707馬力を発するヘミエンジンを搭載したモデル。アクセルを吹かす度にとんでもない重低音が響くが、怖くてほとんど速度を上げられなかった。遊び心満点。

今回のJeep®75周年記念イベントでは、新旧モデルのみならず、多くの貴重なヒストリックカーや市販されていないコンセプトカーまで、思う存分に運転することができた。レネゲードからラングラーまで、どのモデルも一級のオフロード走破性だけでなく、オンロードでの快適な乗り心地をも備えていることに脱帽。ヒストリックカーのムダのないコンセプトは、現代のJeep®にも通じるところがある。そしてコンセプトカーのユニークなデザインにはJeep®がもつ遊び心を感じた。イベントを通じ、まじめでストイックな走行性能を遊び心あふれるデザインでまとう、Jeep®の魅力の奥深さに触れることができたのは大きな収穫だった。

Edit & Text: 塩見 智 Satoshi SHIOMI

【おすすめ関連記事】

>>>【Part 1】Jeep®75周年モデル体験レポート in モアブ
Jeep_75th__1075 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

>>>【Part 2】Jeep®75周年モデル体験レポート in モアブ
5808-1 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

>>>新型『Grand Cherokee』で春の雪山へ!スノーモービル体験&絶景レポート

170317_YK_00562 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

>>>【2017年】アウトドア新製品大特集!定番&人気ブランドから厳選紹介
remain 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

>>>山コーヒー&アウトドアにおすすめ最新コーヒーギア&豆特集
main_minpresso2 75周年記念モデルの『Wrangler Unlimited』が走る!聖地モアブの大地が感じた永遠の鼓動 Part3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking