ISPO MUNICH 2018から見る最新アウトドア・ファッショントレンドとは?

 /  5,205 Views

ドイツ・ミュンヘンで開催された世界最大級のスポーツ用品展示会ISPOをレポート!人気のアパレルブランドから最新トレンド情報までお届け!

★>>【おすすめ記事】 ポーラテック社に聞く、上質なフリース、アウトドアアイテム誕生の秘訣とは?
★>>【おすすめ記事】機能性もデザイン性も抜群な最新メンズ・ダウン10選!

世界最大級のアウトドアスポーツ見本市『イスポ(ISPO)』が今年もドイツ・ミュンヘンにて開催された。老舗のトレードショーとして知られる同見本市にはアウトドアの本場である欧州、北米を中心に世界各地から2,800以上ものブランドやメーカーが一堂に集結。一番人気のアパレルエリアは『ゴアテックス(GORE-TEX®)』、『パタゴニア(patagonia)』、『ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)』などをはじめとするアウトドア界のスターブランドが顔を揃え、新作の説明を受けるための順番待ちで溢れかえるほど。リサイクル素材や再生可能な天然素材を使用したサスティナブルを取り入れたエコアイテムが目立ったのも今年の傾向の一つ。アウトドアエリアではインテリアしたくなるデザイン性高いアイテムが豊富で、他にもビギナーからプロフェッショナルまで対応可能なスノーシューズやスキーアイテムなど注目の新製品が勢揃い。日本ではなかなか見ることの出来ない貴重なアウトドアアイテムの最新情報をファッション編とアウトドアギア編に分けて現地からお伝えしたい。

ライフスタイルに寄り添ったGORE-TEX®の革新的新テクノロジー

白を基調とした開放的なブースには新製品ゴアテックス・インフィニウム(GORE-TEX® INFINIUM™)目当てに人集りが出来ていた。スキーやバックパッキングといったアウトドアのためだけでなく、もっと日常生活の中で快適に機能する全く新しい素材として柔らかさや動きやすさが重要視され、『マムート(MAMMUT)』のジョギング用ジャケットをはじめとする人気ブランドで多数使用されている。

他にも触知性が強化され、付けたままスマートフォンが操作可能となった『ザ・ノース・フェイス』のグローブなど、人間の欲求をそのまま形にした『ゴアテックス』にしか出来ない究極のテクノロジーが誕生した。また、総柄やチェックプリントといったデイリーユースならではのファッション性を重視した提案も興味深い。

▼INFO:GORE-TEX
https://www.gore-tex.com/

 

ミステリアスなブラックに注目のPeak Performance

スウェーデン生まれのスタイリッシュなスキーウェア『ピークパフォーマンス(Peak Performance)』の注目アイテムはあえてブラック一色のみにフォーカスしたジャケット&パンツでその名も“ミステリー(MYSTERY)”。ゴアテックス®プロシェル、リサイクルポリエステルやライニングが使用され、環境に優しい染料を使用するなどエコにも力を入れている。

フードにはBOA調整システムが搭載されており伸縮で顔にフィットするため雪風の侵入が防げる。一見スキージャケットに見えない洗練されたデザインは同色のブラックテープで胸元に大きく入ったブランドロゴをキーポイントに雪山でも街中でも主役級の存在感を発揮出来る秀逸なアイテム。

他にも『ISPO Award』のスノースポーツ部門で見事ゴールドを受賞した大人の雰囲気漂うフロスト・ドライ・ダウン・ジャケット(Frost Dry Down Jacket)にも注目したい。ラミネート加工されたレザーのような生地感にラグランスリーブ、縫い目を最小限にした他にはないミニマルなデザインがユニーク。雨や雪にも適した防水性と保温性にも優れている。

▼INFO:Peak Performance
www.peakperformance.com

 

大人気バッグパックブランドFjällrävenが提案するエコと機能性

普段使い出来るバッグパックが絶大な人気を得ている『フェールラーベン (Fjällräven)』からは、激しい気候の山岳でのトレッキングやスキーに挑戦する冒険家に向けたケブ・ツーリング・ジャケット(Keb Touring Jacket)とパンツが登場。

従来のものより丈夫で伸縮性のあるソフトシェル素材に改良され、肩と腰部分は『フェールラーベン』が誇るG-1000 Eco(リサイクルポリエステルとオーガニックコットン)で補強。さらにスマホやGPSなどの必需品を収納出来るインナーポケットがいくつもあり、どこまでも機能性を追求している。国際連合(The United Nations)と同じ鮮やかなブルーが今年流。

ポップなデザインとワッペンがトレードマークな、バックパックの注目の新作はラップランド・ハイク15(Lappland Hike 15)。表からは分からない背面部分に隠された優れた構造に最も注目したい。生産工程を遡り回収したシープスキンだけを使用し、合成素材では出来ない再生可能なエコ技術を取り入れている。圧縮させることでより硬く安定したバックプレートが出来上がり、さらには保温性と消臭効果もあるためどんなシチュエーションでも長時間快適に過ごせる。

▼INFO:Fjällräven
https://www.fjallraven.com/

次ページ:【patagonia、ARC’TERYXなど人気ブランドの最新トレンド情報はこちら!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking