フリースタイルスキーヤー小野塚彩那のオフトレーニング

 /  7,732 Views

Paddling in Hawaii Jeep® X BLADES

★>>【おすすめ記事】小野塚彩那がJeep®でぐるっと巡る 佐渡島の伝統文化とちょこっとアウトドア

★>>【おすすめ記事】Jeep®×BLADES meets Ayana Onozuka PROGRESS

シーズンオフの彼女がアクティブレストに訪れたのは、楽園ハワイ。プライベートでも愛用のJeep® をチョイスして、SUPやトレランとアクティブなハワイ滞在を満喫中!

ハワイで過ごす時間は、私にとって大事なステップ。

多忙なウィンターシーズンを終え、1ヶ月の休息を取ったあとの6月。次のシーズンに向けて本格的なトレーニングをスタートする準備の場所として小野塚彩那が向かうのは、白銀の世界から一転、常夏の島ハワイ。

さっそくステアリングを握り、走り出す。タウンからオフロードまで、Jeep®の機動力と存在感はバツグンだ

軽いクルーズでカラダをハワイのリズムへシフトする。ビーチサイドのJeep®の傍らでボードを抱えた姿がまさにハワイ!

「4年前にはじめてバカンスで訪れてから、ここ数年は毎年本格的なトレーニングを始める前のこの時期に必ず訪れています。ハワイ島やマウイ島、カウアイ島など離島に数日滞在してからオアフ島に来るのがお気に入りの滞在パターンです。ハワイは、どの島を訪れてもすぐ近くにビーチもショッピングスポットもあり、トレーニングしながら自分の気持ちや身体のスイッチをオン・オフに切り替えやすい環境が整っています。
だから滞在中は、身体を動かしたり、ゆったりリラックスした時間を過ごしながら、身体にも気持ちにもエンジンを掛けていきます。そして、このあとの日本での本格的なトレーニングをスタートさせるんです。私にとっては、大事なステップですね」

帰国後の日本では、トレーニングシーズンに入ると室内ジムで1日6時間にも及ぶハードワークをこなすという彼女。ハワイの気持ち良い環境で身体にも気持ちにもスイッチを入れるのが、過酷なトレーニングシーズンを乗り越えるパワーソースになっているのだ。新たなシーズンでも活躍するために、積極的に自分を追い込むトレーニングをハワイでも取り入れているという小野塚彩那の島での過ごし方とは…。

サーフタウンとして知られるハレイワの街に流れるアナフル・ストリーム。往復1時間のアップストリームのコースは、ゆったりと流れる川面をクルーズしながら、軽くコアトレーニング

Jeep® だからこそ行けるオフロードを発見!

オアフ島最西端、カエナポイントへのトレイル。海と空の青さの中に、息を呑むほど雄大な自然が広がる絶景

次ページ:【大自然の中でトレーニング】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking