【第一弾】冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

 /  19,753 Views

8

SUPは海岸線や川沿いに点在する村々をまわるのに最適なツール。しかも今回使用したのは空気で膨らますiSUP(インフレータブルSUP)。飛行機に載せるときや移動のときは空気を抜いて小さくたためるので旅先でのクルージングにぴったり。さらにハードボードよりも頑丈なので川下りもできるし、転んで自分のボードにぶつかっても怪我をしにくいので初心者にも比較的安全。
だれでも30分あれば乗れるようになり、クルージング、川下り、波乗りと水があればどこでも楽しめるので世界中で爆発的にSUP人口が増えているのもうなずける。

9

今回参加したメンバーはほとんどがSUP初心者。
さっそくSUPのレッスンを開始!1時間もするとなんとかまっすぐ進めて、ターンも出来るようになったので練習がてらテュピラ村の目の前に広がる湾を渡ったところにあるトト村をみんなで訪れることに。

10

上陸失敗!ころんでも落水してもなぜか楽しく笑いが絶えない。
向こう岸の先端がテュピラ村。初めての人もいるのにみんなよくがんばりました!
実は海に入るときと海から出るときは転んだりして怪我をしやすいので、入水/出水ポイントを選ぶときは要注意。このトト村では上陸の仕方と海へのエントリーの仕方をみんなに練習してもらいました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking