BOULDERING CAMP with Jeep Compass

体を使ったパズルのようなおもしろさがある遊び

「いけるかなぁ~」とぼそりと呟くと岩に取り付き、するすると、あっという間に登りきってしまった。

「あ~もう登っちゃったんですか」と慌てるカメラマンに、「大丈夫ですよ、まだまだ登りますから!」と笑顔で答える林さん。岩に触れた途端に俄然生き生きとしている! フリークライミングのおもしろさを「体を使ったパズルみたい」と林さんは表現した。さんざん考えてトライするものの、まったく歯が立たないこともあれば、ひらめきでスッと登れてしまうこともある。難しい課題に何度もトライするうちに、だんだんできるようになっていく達成感。きっと“ピース”が狙ってはまる、もしくは偶発的にはまるおもしろさがあるのだろう。

10-1 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

▲この日は“皇帝岩”に取り組む。6級、4級、2級の課題を次々とこなし、体慣らしのウォーミングアップ。さらにむずかしい課題に取り付き「うゎ~これ苦手だ~、悪い~」と、言葉とは裏腹になんともうれしそう。ときに同じ課題にトライする見知らぬクライマーとボルダリング談義に花を咲かせた。

11-2 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

▲登りきると、決まって素敵な笑顔を見せる林さん。どんなグレードの課題でも完登すると達成感はひとしお。

林さんがクライミングを始めたのは、ちょうどミレーに入社をしたころ。前十字靭帯を切る大ケガをしたことがキッカケだった。

「じつは、大学まではサッカーひと筋で。社会人になってもときどき、仲間とやっていたんだけど、そこで大ケガをしてしまって。登山やトレラン、走ることもできないなぁと。それで、クライミングならできるかなと思って。ちょうどミレーでサポートしていたフリークライマーたちがユースカップで大活躍していたり、関わりのある山岳ガイドさんもクライミングをやっていたりしたこともあったから、自分もやってみたいなと思うようになった。彼らとの共通言語みたいなものも欲しいなと思って」

それで始めてみたらドハマリしてしまった! というわけだ。

シューズ、マット、チョーク。あとは動きやすい服装があればよく、ボルダリングに使う道具はとても少ない。実にシンプル。登山の道具やウェアは軽量化が目覚ましいが、ことクライミングとなるともの選びの勝手も違うようだ。
「丈夫であることと、着心地がいいこと、これが重要視するポイント。シューズは足に合っているってことがなにより。アルパインクライミングになるとまたちょっと世界が変わってくるけれどね」

12-2 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

▲シューズにチョーク、身に付けるものが少ないボルダリングはシンプルなスポーツだ。林さんがクライミングのギアに求めるのは、丈夫さと着心地の良さ。

13-1 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

▲使い込まれたボルダリングマットの隙間に荷物を挟み込んで背負い歩く。残念ながらこのマットは現在日本では未展開のものだそう。

岩に擦れたり、足場の悪いところに置かれたり、クライミングに使われるものは頑丈さ・タフさが欠かせないと、林さんは言う。そして、身ひとつで岩に対峙するからこそ求めたい心地良さ。まさにコンパスが具現化している要素でもある。

キャンプ場に戻り、一服。林さんはテントの張りを直した。フライはシャリ感があり真新しい。

14-2 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

▲数年ぶりに買い換えたという自慢のテントは、『エアライズ2』。とてもうれしそうに立てていたのが印象的だ。

「このエアライズ、ひさしぶりに新調したの。長年マーモット(Marmot)のイオスワンっていうシンプルなソロテントを使っていたんだけど、新しいのが欲しいなと思って、奥さんとの家族会議で『ふたりで使うときはさ、2人用でないとね』って納得してもらった(笑)」
うれしそうに話す林さんはお茶目だ。ちなみに奥様はまったくクライミングをしないそう。寛大だ。

15-1 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

▲火器はジェットボイルを愛用している。クライミングのシーズンは秋からがいわば本番。クライミングの前後には、湯を沸かして冷えた体を温める。

そう遠くないうちに、林家ではまた家族会議が開かれるかもしれない。「ふたりで乗るならさ、タフで安心感のある車じゃないとね!」と、満面の笑みでプレゼンする林さんの姿が思い浮かぶ。

●プロフィール

林勲さん / ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン広報
1975年生まれ、岐阜県大垣市出身。学生時代はサッカーに青春を捧げ、大学卒業後はデザイナーの道へ。35歳のときに一念発起して、未知のアウトドアの世界へ転職。現在はフリークライミングに夢中!

今回使用したクルマ

16-2 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

17-2 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

18-1 BOULDERING CAMP with Jeep Compass

ジープ コンパス リミテッド(Jeep Compass Limited)

【主要諸元】
全長:4,420mm/全幅:1,810mm/全高:1,640mm/最低地上高:180mm/車両重量:1,600Kg(サンルーフ付:1,630)/乗車定員:5名/エンジン種類:直列4気筒マルチエア16バルブ/総排気量:2,359cc/使用燃料:無鉛レギュラーガソリン・60/最高出力:129kW(175ps)/6,400rpm[ECE]/最大トルク:229N・m(23.4kg・m)/3,900rpm [ECE]/4輪駆動(オンデマンド方式)/電子制御式9速オートマチック/全国メーカー希望小売価格¥ 4,490,000〜(消費税込)
※価格は2021年10月28日現在の価格です。

コンパスに関連する他記事はこちら!
コンパスの写真はこちら!

商品に関するお問い合わせは、FCA ジャパン株式会社まで。
ジープフリーコール 0120-712-812(9:00~21:00、無休)
https://www.jeep-japan.com/

カタログ一覧はこちら!
ご試乗予約はこちら!

Text:Naomi Sudo
Photos:Hiroyuki Usami

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking