Jeep®が全力サポートする<X Games>ってどんな大会?2017年開催の“世界最高峰のウィンタースポーツ大会”を徹底レポート!

 /  9,240 Views

コロラド州アスペンで開催された興奮と感動の<Winter X Games 2017>の模様をレポート! 小野塚彩那選手へのインタビューもお届け。

毎年1月を迎えると、熱心なスポーツ・ファンならずとも話題に上がる究極のウィンタースポーツの祭典<X Games(エックスゲームス)>。「なんだかスゴい大会らしいぞ」「Jeep®もサポート中!」といったニュースはReal Styleでも幾度となくお届けしてきたが、「そもそも<X Games>ってどんな大会?」「何がスゴいの??」といった基本的な情報が、日本にはきちんと伝わってこなかったと思われる。

そこで今回は、アメリカのユースカルチャーさえも牽引する存在となりつつある<X Games>を徹底解説。1月26日(木)〜29日(日)の4日間に渡って開催された2017年大会の模様や、現地で人気を博したJeep®のキャンペーンを振り返りつつ、フリースタイルスキーハーフパイプの選手にしてソチ五輪の銅メダリスト、小野塚彩那選手の最新インタビューを通してその魅力に迫ってみよう。

エクストリームスポーツの祭典にして、ユースカルチャーの発信地である<X Games>

▲小野塚彩那選手

<X Games>の「エックス」とは、文字通り「エクストリームスポーツ」のこと。通常のスポーツ競技とは異なり、「速さ」、「高さ」、あるいは「華麗なトリック」といったパフォーマンス性を重視するのが特徴で、常に危険と隣り合わせのスリルが世界中の人々を魅了し続けている。

Jeep®がサポートするのは冬季大会に当たる<Winter X Games>。オリンピックのように国の威信をかけて戦うのではなく、純粋に「世界最高のエクストリーマーは誰か?」を競うシンプルさと、「出場できるのは招待された者だけ」という厳格なルールゆえに、同時期にワールドカップが重なった際には<X Games>を優先する選手がいるほど、<X Games>での戦いは名誉あることなのだ。2017年の大会では日本から平野歩夢、平岡卓、小野塚彩那ら3名のソチ五輪メダリストが全員参戦した。

会場となる米コロラド州・アスペンの雰囲気はとてもピースフル。地元民にとっては毎年恒例のお祭りとして親しまれているため、学生やカップルから親子連れまで、カラフルなスキーウェアに身を包んだ人々が真っ白な雪景色を彩る光景は壮観だ。また、目玉イベントのひとつにライブ・パフォーマンスが組み込まれており、今年はYouTube再生回数が1億回を超えるEDMデュオ=「ザ・チェインスモーカーズ」や、アメリカ最大級の野外音楽イベント<Coachella(コーチェラ)>にも出演を果たした新進気鋭のラッパー、「G・イージー」が登場してフェスさながらの盛り上がりを記録。スポーツのみならず、ファッション、アート(グラフィティ)、さらに音楽をも巻き込んだ<X Games>は、ユースカルチャーの発信地とも呼べるのかもしれない。

▼G-Eazy <X Games>でのライブ映像

Wranglerの雪像をバックに可愛いハスキー犬と記念撮影! 
今年もJeep®ブースが<X games>会場内に登場

実に20年以上もの歴史を誇る<X Games>だが、Jeep®は2003年から毎年オフィシャル・スポンサーとして、また唯一の車メーカー企業として大会をサポートしている。

今年は「Jeep® BASECAMP」と名付けられたブースが会場内でも一番目立つエリアに出現し、<X Games>仕様のラッピングを施した、スカイブルーの『Jeep® Wrangler Unlimited Winter Edition(ラングラー アンリミテッド ウィンター エディション)※本国のみ』や『Jeep® Grand Cherokee(グランド チェロキー)』などが展示された。

▼<X games in Aspen 2017>スペシャルムービーも公開!

>>>【2015年】<X games>小野塚選手の活躍レポートはこちら!

>>>【2016年】<X Games>Jeep®ブース&小野塚選手インタビュー記事はこちら!

次ページ:【毎年恒例!雪像に埋まるWranglerと記念撮影】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking