Jeep®に乗ってMTB(マウンテンバイク)フィールドへ!

 /  9,721 Views

プロライダーはカッコいいものが好き。

ふだんのDHバイクではなく、クロカン向きのバイクでリラックスしてコースを楽しみながらも、『Renegade』に対するコメントが止まらない。エンジンが1.4Lだと知ると「ホントに!?」と目を丸くした。

「ターボだからか、走りは軽やかですよね。アウトドアは基本的に坂道が多いので、そこでストレスがないのもいい。女性にも運転しやすい感じ。しかもこの色、カッコいいじゃないですか。このクルマをバックに自撮りすると、カッコいい写真が撮れそう。“インスタ映え”するクルマですよね」

「このパワフルさで1.4Lだなんて、驚きです。もっと遠くまで走っていきたくなりますね」。レーサーらしく、クルマの運転もかなりのテクニック。

「プロMTBライダーは基本的にカッコいいモノが好きなんですよ。自転車やウエアはスポンサードしていただいているので自由にできないんですけど、そのぶん時計、アイウエアなんかにはいいモノを選ぶ。たとえば時計は、競技的にはしてなくても問題ないんです。でもわざわざアクセサリーとしてカッコいいものを着けたり。アイウエアもゴーグルじゃなくて、このオークリーのジョーブローをかけて走る人、多いですよ」

今度はデートしながらこのクルマでMTBフィールドを楽しんでみたいという藤田選手。頭のなかには楽しい計画が次々と湧いてきているようだ。

DHのプロライダーだが、最近はエンデューロやクロカン種目にも積極的。「いろんな競技に出ると勉強になるし、自転車の楽しさを、より多角的に伝えることができるようになると思うんです」

後席を倒せばマウンテンバイクもラクに積載できる。キャンプ道具など遊びの道具を満載してフィールドへ!

富士見パノラマへ向かう坂道もパワフルにこなす。「ここ、アクセルベタ踏みのクルマも多いのに、Renegadeだとラクラクですね」

●藤田翔也(ふじたしょうや)
MTBのレースシリーズ、<クップ・ドゥ・ジャポン>などを走るダウンヒル種目のエリートライダー。プロショップに勤務してMTBの楽しさを啓蒙しながら各地のレースに参戦、じわじわと存在感を増してきている。スペシャライズドMTBテストライダー

スペシャライズドHP

6月3日(土)から7月31日(月)まで行なわれる<Do the Real Thing! “本気の夏”プレゼント キャンペーン>。ここでは夏の様々なアクティヴィティへの挑戦をサポートするため、豪華アイテムを抽選でプレゼント。インターネットで応募すれば、藤田選手が所属するSPECIALIZEDのロードバイクも当たるかも。

【Do The REAL Thing! 山を遊び尽くす、MTB&キャンプな週末】

次ページ:【今回使用したクルマ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking