Jeep®で楽しむマリンスポーツ&アクティビティ8選!今年の夏はアクティブに!

 /  12,598 Views

話題沸騰中のティワル、インフレータブルSUPやカヤック、この夏ブレイク必至のサブウイングや、その他新感覚のウォータースポーツなど。今年の夏に挑戦したいおすすめ外遊び道具やアウトドア、アクティビティをご紹介!

GWを終えたら、次はいよいよ夏休みが待っています。アクティブなJeep®オーナーの皆さんは早くもどんなプランで過ごそうかお悩み中かもしれませんが、「今年こそ新しいコトに挑戦したいな〜」と思っている読者も多いのでは?そこで今回は、Jeep®のトランクに難なく積み込めるオトナの外遊びグッズと、この夏ぜひトライしてほしいアクティビティを厳選してご紹介します!

★夏フェス&BBQにおすすめな【2016年版】アウトドアチェア特集はこちら!
>>>http://jeepstyle.jp/outdoor-chair-fes-2016/

★おすすめコンロ&グリル特集はこちら!
>>>http://jeepstyle.jp/jeep-bbq-grill-stove/

Jeep®に積み込めるオトナの外遊びグッズ

【ヨット】ティワル・ジャパン『Tiwal 3.2』
セーリングをもっと簡単&身近に!フランス生まれの画期的な小ボート

tiwal1_

昨年秋にフランスから上陸するや否や、マリンスポーツ・ファン以外からも熱い注目を浴びているティワル。これは空気を入れて膨らませることができるセーリング・ディンギー(レジャー用小ボート)の一種で、2014年には「セーリング・ワールド・ボート・オブ・ザ・イヤー」をはじめ様々な賞を受賞、世界30カ国以上で愛されている画期的なアイテムです。

tiwal2

「どなたでも簡単にセーリングを楽しめる」と関係者が明かすように、そのタフな構造と、わずか20分でセットアップできる手軽さが何よりの魅力。定員は大人1名+子ども2名で最大190kgまでOKとあり、4〜16ノット/5〜28km/hの風況にも耐える『North Sails』製セイルを採用しているため、初心者からプロまで快適にセーリングが可能です。ラバーは非常に軽量で、万が一転覆しても水面下のウィングを足で押せばすぐ元通りになるから安心。デザイナーが女性ということも納得の心配りが嬉しいですね。

tiwal3

また、全パーツが2つの専用バッグに収まるからトランクを圧迫しませんし、ブームパンチ(セール下端の帆桁で頭部を打つこと)の危険性も少ないから子どものボート・デビューにも最適。ティワル・ジャパンのFacebookページではティワル試乗体験プログラムの応募も受け付けているので、興味をお持ちのJeep®オーナーはぜひトライしてみませんか?

ティワルの試乗体験予約はこちらから!
>>https://www.facebook.com/Tiwal Japan

INFO:TIWAL Japan
URL:http://tiwal.jp/tiwal-japan-jp/

【インフレータブルSUP】RedPaddle『10’6″ RIDE』
話題のSUPを楽しむなら、コンパクトに持ち運べるインフレータブルタイプで!

red3

浮力の強いサーフボードに立ち、パドルで漕ぐ新しいウォータースポーツがスタンドアップパドル・サーフィン。通称「SUP」と呼ばれ認知度が広まりつつありますが、インフレータブル(高圧空気封入)タイプならコンパクトにまとまるので、Jeep®のトランクにも軽々と積み込めるんです。

そこでイチオシなのが、イギリス発のレッドパドル。2008年からインフレータブルボードの開発/生産を一筋に取り組んできた世界で唯一のブランドであり、SUPを楽しむ上でもっとも大切な強度・硬度・インフレーションの素早さ・携帯性の4点を完璧なまでに追求しています。
re_realstyle_0519

プロも太鼓判を押す『10’6″ RIDE』は、エントリーモデルとしても最適なサイジング。大人から子どもまで家族全員が利用できますし、サーフィンのように波や風のコンディションに左右されず遊べるのも魅力的ですね!

INFO:Maneuverline,inc.
URL:http://sup.maneuverline.co.jp/

【フォールディング・カヤック】ORU KAYAK『ビーチ』

まさに折り紙つき!?保管場所の問題や強度をクリアしながら、デザイン性も◎

oru1

オルカヤックは、2012年にクラウドファンディングを経て設立された米サンフランシスコの新進気鋭ブランド。保管場所の問題を解決するため、なんと日本の“折り紙”をヒントにした、まったく新しいタイプのフォールディング・カヤックを開発しました。

この夏入荷予定の『ビーチ』は、コンパクトに折りたたんで収納・持ち運びができる従来のデザインを踏襲しつつ、組み立て時間の短縮も追求したモデルです。広々としたコクピットは全身をリラックスさせながら漕ぐことを可能にし、サイド部分をボックス状にすることで充分な船体強度を確保。背もたれの高さが調節できるシートやフットブレイスが装備されているから、あらゆる体格にフィットします。
re_realstyle_0519_2

憧れのマイ・カヤックを手に入れるなら、やっぱりこのくらいの高性能が欲しいもの。決して高いお買い物ではありませんよ!

INFO:mont-bell
URL:http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1843014

次ページ:【2016年注目のチャレンジしたいアクティビティ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking