長野県白馬村、Grand Cherokeeオーナーへインタビュー。避暑地としてもアクティブに過ごすにも良し!カフェ観光スポットもご紹介

 /  2,841 Views

北アルプスの雄大な景色を眺めながらコーヒーを

白馬村は、夏山登山ハイシーズンを迎え、山麓に広がる緑と雪解け水が流れる清流で眩しい。白馬村には地域の人たちが憩える、またドライブの休憩に最適なカフェが存在する。北アルプスの山々を眺めつつ飲むコーヒーは別格の美味しさ。なかでもRealStyleオススメのスポットをご紹介しよう!

「地元の人が気軽に入れる場所」を目指したPENGUIN CAFE

▲白馬湧水水出しコーヒー、500円。豚カツサンド、シングル800円

店名の由来は、「子供にも覚えてほしいから」。2016年12月にオープンしたPENGUIN CAFEは、特に夏場、子供連れで入れる店がない主婦層がいることに気付いた大石 学さんが開いた店だ。
「静岡生まれながらスノボが好きで15年前から白馬で暮らし、居酒屋でバイトしている最中にリサーチしました。雑誌や文庫のストック、キッズスペースを設けるなどして地元の人々が気軽に入れる店にしたかった」。
オススメは、酸味さっぱりでこくが豊かなエアロプレス抽出のコーヒーと、白馬湧水の水出しコーヒー。さらに地元白馬のブランド豚を使ったボリュームある豚カツサンド。「とにかくゆっくり過ごしてほしいです。そして、ここが人と人をつなぐ場所になれたらいいですね」

ペンギンカフェ
住所:長野県北安曇郡白馬村北城3020-961
TEL:080-8182-4246
営業時間:
【平日】9時~18時
【土日祝日】8時~18時
【冬季】8時~18時
定休日:水曜日(冬季は無休)
https://www.facebook.com/penguincafe898/

北アルプスを眺めながらコーヒーが飲める白馬焙煎工房

▲オリジナルブレンドコーヒー、750円。冷やしたグラスに注がれるアイスコーヒー、870円。「本日のスイーツ」ティラミス、470円

白馬村にカフェがほとんどなかった2010年10月、「北アルプスを眺めながらコーヒーが飲めたら」というベン・マリック・青木さんの願いによってオープンした白馬焙煎工房。店名そのままに、自家焙煎したコーヒー豆の販売と、ハンドドリップ&エスプレッソマシンによるコーヒーの提供を行っている。
「学生時代からのスノボ好きと、神田の喫茶店巡りで覚えたコーヒーの魅力に惹かれてここで開業しましたが、今日まで支えてもらったのは地域の皆さんと白馬の風景です」
ホームページを含めれば20種以上のコーヒー豆が選べるほど、自家焙煎に力を注いでいる。そしてまた手づくりの「本日のスイーツ」も秀逸。望む山々とともにぜひ。

白馬焙煎工房
住所:長野県北安曇郡白馬村北城3335-1
TEL:0261-85-0191
営業時間:10時~17時
定休日:火曜日(臨時休業あり)
http://hakubabaisen.com/

Text by: 田村十七男
Photo by: 横山マサト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking