UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

穏やかな天気の合間を縫って
標高の高い雪山に足を進める

夜には翌日のバックカントリーをガイドする古瀬和哉から、ここ最近の白馬エリアのコンディションを告げられた。会話の中でも、麓は例年よりも融雪が進んでいることを耳にする。標高を上げれば積雪が豊富なことを知り、翌日の滑走場所は八方の上部を目指すことになった。
そして翌朝。下り坂傾向の天気と聞いていたが、上空には青空が広がり、スキー場の背後にそびえる白馬の山並みがくっきりと見える。早速満充電されたレネゲードに乗り込み、電動のみで八方尾根スキー場のリフト乗り場へ向かう。標高を一気に上げ、ゲートからバックカントリーエリアへと出てハイクアップの準備をはじめた。
狙うは八方尾根の南側斜面。1時間ほどのハイクでボトムまで標高差約1,300mを落とすことができる。ほどよく急斜面があり、距離も長くとれるとあって、白馬八方エリアではオーソドックスに滑られている場所だ。

09_Jeep-Hakuba-49332 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲今回のガイドはローカスガイドサービスの古瀬和哉さん。白馬エリアを中心に活動する古瀬さんはプロスキーヤーとしての顔もあり、様々な斜面を滑るノウハウをユーザーに伝えている。

10_Jeep-Hakuba-49407 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲山並みがはっきりと見える間にまずは1本滑る。スケールの大きな景色に抱かれながら気持ちよくフォールラインにスキーを落とし込む。

11_Jeep-Hakuba-49637 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲標高が高い八方のバックカントリー。厳冬期は風雪に叩かれやすいが、天気の落ち着く春は気持ちよく歩ける。ジャケットを脱いでも歩いていれば陽気が暖かく、時折吹くひんやりとした風が体を包むと、心地よい気分に浸れる。

12_Jeep-Hakuba-49695 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲正面には山岳滑走者憧れの不帰の斜面。その複雑な山肌は見飽きない。

13_Jeep-Hakuba-49733 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲ハイクアップ中に滑る斜面に目星をつける。歩いているときも滑る斜面をイメージしながら、滑走ラインを想像する。

14_Jeep-Hakuba-49834 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲パウダーを狙うよりも難しい春のザラメ雪。手つかずの斜面にスキーを走らせる。

15_Jeep-Hakuba-49905 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲ハイシーズンよりも自然地形があらわになる春。変化に富んだ地形を滑る楽しさがある。

16_Jeep-Hakuba-49935 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲バックカントリーの斜面は広く、スキー場を滑るときとは異なる距離感覚に陥りやすい。普段以上にセーフティな速度域で広大な斜面に思い思いのラインを描く。

Jeep-Hakuba-49989 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲急斜面を滑り降り、セーフティを確認した場所から皆で滑り降りる。見た目以上に雪の状態は難しく悪戦苦闘する場面も。

17_Jeep-Hakuba-40003 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲うねるような地形がよく分かる春のバックカントリー。白い部分は数日前に降った雪が残った跡だ。

18_Jeep-Hakuba-40155 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲標高を下げると斜面のあちこちにクラック(穴)が見受けられる。慎重に斜面を選び、柔らかな雪のコンディションでは雪しぶきを上げる。

19_Jeep-Hakuba-40289 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲途中何度かの休憩を入れながら標高差約1,300mを落とし、充実した1日を過ごしてベースに戻る。

20_Jeep-Hakuba-48841 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲雪の残る白馬を後にし、レネゲードを走らせる。

春のバックカントリーは移動や休憩時も暖かくて山にいること自体が気持ちがいい。落ち着いた天気のもと、安全な場所でゆっくりと滞在し、滑り終えた斜面を眺めたり、周囲の山々を見やったりと、景色を見ているだけで得も言われぬ充足感が味わえる。

Jeep-Hakuba-40031 UNMAP YOUR LIFE ~長野県 白馬バックカントリー編~ 自分を解放する、こだわりの時間

▲滑走した斜面を見渡す。左上の稜線の先は唐松岳。

360度に渡って山並みが見渡せる展望台のような場所で、ふと頭をよぎったのは、できる限り長くこの楽しみを味わい尽くしたいということだ。南北に長い日本は11月末から初夏まで滑れるフィールドに恵まれている。何十年先も自然に身を置きながら、この雪を滑る楽しさを減らしたくない。
ベースへ戻ると静かに起動するジープに荷物を積み込み白馬の山を後にする。帰りの道中は春山の気持ちよさを反芻しながら、雪や自然のことに思いを馳せる旅路となった。

次ページ:【今回使用した車種、こだわりのギアをご紹介】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking