CherokeeからWranglerへ。Jeep®しか選択肢がなかったと語る女性オーナーインタビュー。

 /  17,740 Views

食とライフスタイルのスペシャリストであり、『LOHACO』のクリエイティブディレクターに訊いた、Jeep®との湘南での魅力的なライフスタイル。

湘南エリアで人気を博したパン屋さん「wakanapan(わかなぱん)」を退任後、フードを中心にしたライフスタイルコンサルティング業、WSENSE(ダブルセンス)を立ち上げた中本わかなさんとDJ PANCAKEMIXさん。現在はアスクル(株)の個人向けEコマース「LOHACO」のクリエイティヴディレクターに就任。同社の「ライフスタイル研究所」の所長として魅力的なライフスタイルを提供している。

以前にも『Jeep® Cherokee(チェロキー)』のオーナーとしてReal StyleのインタビューReal Styleのインタビューに登場して頂いた2人は、その後仕事のパートナーでもある愛車を『Jeep® Wrangler Unlimited Sport(ラングラー アンリミテッド スポーツ)』に乗り換え、食を中心に広がる魅力、楽しさを伝えるために日々新たな可能性を追い求めている。果たして、Jeep®の中でも最も高い走破性を誇る『Wrangler』に2人が感じた魅力とはどんなものだったのだろう? また、2人にとってJeep®がある生活の魅力とは?

cherokee

▲以前お乗りになっていた1999年モデルの『Jeep® Cherokee』

当日はアンティーク雑貨とカフェが楽しめるc:hord hayamaから国道134号線をドライブ。そして2人の日々の拠点でもあった逗子「wakanapan(わかなぱん)」の跡地に出来た、湘南エリアのデリ(お惣菜)&日用品雑貨店『AMIGO MARKET』でお話をうかがった。

WSENSE(中本わかなさん、DJ PANCAKEMIXさん)インタビュー

151126_YK_00246

――新しいクルマを選ぶ際には、様々な選択肢や可能性があったと思います。お2人が『Wrangler Unlimited Sport』を選んだのはどういう理由からだったのでしょう? 

DJ PANCAKEMIXさん
そもそも他のメーカーのものを選択肢にいれようということを、あまり考えていなかったかもしれないですね(笑)。私たちはよくハワイに行った時に、レンタカーで『Wrangler』に乗って色んなお店を回って、その乗り心地のよさをよく知っていたんです。だから、「買い替えるなら、次は『Wrangler』かな」と、自然に思っていたんですよ。ハワイで乗った『Wrangler』のあの感じが、ずっと残っていたんだと思いますね。

中本さん
そうですね。「あまり考えなかった」どころか一直線という感じでした(笑)。

151126_YK_00160

中本わかなさん

――実際に乗られてみて、『Cherokee』と違う魅力を感じる部分はありますか?

中本さん
それぞれに違う可愛さがあると思いますね。私たちが以前乗っていた『Cherokee』(1999年モデル)はクラシカルで皮がへこたれていたんだけれど、そこも含めて気に入っていたんです。でも『Wrangler』になったら、「最近の子は最近の子でいいね」という感想で。すごく乗りやすいし、パワフルな魅力を感じます。特に『Wrangler』は、ガンガン積んでいても、気持ちが疲れない。仕事柄、荷物が多くて本当に色々と積んで移動するんですけど、「ああ、こんなにすごい物量なんだ」と感じることがないんです。

――心に余裕が出来る、と。

DJ PANCAKEMIXさん
そうですね。豊洲にもオフィスがあるんですけど、そこにも『Wrangler』で通っていて。いつでも、どこでも一緒という感じです。Jeep®は乗っていて楽しい、乗ることが幸せ。そういうクルマだと思います。

中本さん
そもそも、Jeep®ってドライブが苦になることがないクルマですよね。ちょっとした買い出しでも、昔は運転するのに面倒臭さを感じていました。だけど、Jeep®だと不思議とそれがない。運転が楽しい行為になっているんだと思いますね。

IMG_5023

新しく完成した「ライフスタイル研究所」オフィスにて

――『Wrangler』にしたことで、行動範囲は広がったと思いますか?

DJ PANCAKEMIXさん
ああ、それはあるかもしれないですね。

中本さん
夏に子供を連れてキャンプに行った時、うまくテントを張れる場所がなくて、かなり坂を下らなければいけなかったんです。「これ大丈夫かな?」という岩と土の斜面でも、まったく問題なく降りることができて感動したんですよ。

DJ PANCAKEMIXさん
『Wrangler』には、よりワイルドな魅力がありますよね。私たちは女性2人なので、乗っていることでギャップを感じてもらえるのもよかったなと思うところです。

151126_YK_00129

――今日も『Wrangler』を乗りこなす姿がとても素敵でした。

中本さん
「よくそんなに大きなクルマを運転できるね」って言われることもあって(笑)

DJ PANCAKEMIXさん
でも、『Wrangler』って、実際に乗ってみると見た目よりもしなやかなんですよね。一見横幅もありそうですけど、本当はよりスマートで。

中本さん
タフに乗られている方もいるでしょうし、私たちみたいに普段使いのクルマとして乗られる方もいるでしょうし、間口が広い感じがします。それに、私たちは同じロード・タイプのクルマの中でも、このクルマに女性らしさを感じているんですよ。

151126_YK_00216

DJ PANCAKEMIXさん
それは、Jeep®さんのブランド・イメージもあってのことだと思いますね。(ここで、湘南で暮らす知り合いの方が通りかかる)ああ、こんにちは・・・ここにいると、こんな風に色んな方と出会うんですよ。

中本さん
ザ・湘南という感じの風景ですね。

DJ PANCAKEMIXさん
私たち2人が一緒に事業を始めるきっかけも、もう5~6年前に、『AMIGO MARKET』の隣、CINEMA AMIGOで私がDJパーティーをしていて、そこにわかなちゃんがふらっと遊びに来て、少しお酒を飲みながら話をしたのがきっかけでした。この辺りは湘南のクリエイターの憩いの場になっているんですよ。

151126_YK_00183
1

『AMIGO MARKET』にはこだわりのデリ&調味料、日用品がずらり。中には地元湘南のアーティストによる作品も。

次ページ:【Jeep®に乗っている中で、お気に入りの瞬間】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking