「Jeep®は見たことのなかった景色を見せてくれるクルマ」。人気モデルが語る、ジープとのライフスタイル。

「Jeep®は見たことのなかった景色を見せてくれるクルマ」。人気モデルが語る、ジープとのライフスタイル。

 /  9,908 Views

Jeep®オーナー・インタビュー! モデル/ラジオDJ/レポーターとして活躍するチェルシーリナさんが語るJeep® Wrangler Unlimited Saharaの魅力とは?

アウトドアやスポーツ、ドライブなどをアクティブに楽しむ女性の増加に伴って、「ワイルドな男のクルマ」というイメージだったJeep®にも、近年は女性オーナーが増えている。そのひとりが、モデルやラジオDJ/レポーターとして活躍するチェルシーリナさんだ。アメリカ人の父と日本人の母を持つチェルシーリナさんは、Jeep®のゴツゴツとしたフォルムに憧れて約2年前に『Jeep® Wrangler Unlimited Sahara(ラングラー アンリミテッド サハラ)』を購入。フルマラソンへの挑戦を機にはじめたランニングとともに、今ではチェルシーリナさんのライフスタイルに欠かせない存在になっている。今回は彼女が「Jeep®に似合う店」と語る代々木上原のアメリカンテイスト溢れるカフェ『GOOD TOWN BAKEHOUSE』で、女性目線で感じるWranglerの魅力や、Wranglerとのライフスタイルについて訊いた。

――まずは、チェルシーリナさんがJeep®を購入したきっかけを教えてもらえますか?

とにかく見た目がタイプで、かっこいいと思ったのが最初でした。乗り始めて2年ぐらい経ちますが、それまで自分のクルマは持っていなかったので、初めて買うなら心から「かっこいい」と思えるものにしたかったんです。試乗する前は、独特の車幅もあって「ハンドルが切れなかったらどうしよう」と恐さも感じていました。でも、「このクルマに乗れたら、私もかっこよくなれるんじゃないか」と思って。それに、父親がアメリカ人なので、アメリカのクルマにしたいという気持ちもありましたね。とにかく、女性があのゴツゴツしたクルマに乗っていたらかっこいいと思ったのと、私はまだ結婚していないしMinivanにする必要もないので、それなら「自分が一番好きなものにしよう」と思ったんです。

――それで「せっかくなら『Wrangler』にしてしまおう」と。

そうですね。一大決心でした(笑)。

――実際に購入してみて、乗り心地はどうですか?

最初は「細い道は入れないかも」「都内で乗るのは大変かも」と思っていましたが、今となっては何も気にする必要はなかったな、と思っています。想像では、もっと乗りづらいと思っていたんですよ。でも、そんなことは全然ないし、これに乗れたらどんなクルマにも乗れるんじゃないか、という自信もつきました。街中を走っている他のWranglerを見ても、「やっぱりかっこいいな」と思うので、ずっと乗っていたいですね。仕事にWranglerで向かうこともあるし、休日もだいたい乗っています。夜にパーティーがあるときは、同行者も乗せて行きますよ。

――なるほど。同行者の方々にはどんな感想をもらいますか?

普段なかなか乗れないクルマでもあるので、女の子は「乗ってみたい!」という子が多いですね。一度、仲のいい女性の先輩と、富山方面まで6時間かけてドライブしたときに、富山に隣接する石川県の千里浜を見つけたんです。あそこはクルマで海岸線の砂浜を走ることができるんですけど、Wranglerを走らせていたら、「あれ? 浜辺をクルマが走ってる?!」と気付いて。オフロードでの運転はしたことがなかったので、あれは本当に楽しかったです。「ここは俺の場所だ!」って(笑)。水着で行きました。

▲石川県の千里浜に向かった際の写真。千里浜は車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイ(全長約8km)。(画像提供:チェルシーリナさん)

――Jeep®に乗ることで、行動範囲が広がったと言うことですか?

そうですね。Jeep®に乗り始めてから「かっこ悪い女じゃいけないな」と思うようになって、行く場所も服装も変わりました。もともとデニムやアーミーシャツは好きだったんですけど、Jeep®を手に入れてからはよりそういう服を着るようになりましたね。

次ページ:【ワゴニアのオーナーも登場】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking