Jeep®で楽しむ初夏の親子キャンプ

 /  12,673 Views

今日はパパが主役! はじめてのキャンプ料理にチャレンジ

BBQグリルでもくもく、ダッチオーブンでジュー。やっぱキャンプの醍醐味は炭火で作る外めしでしょ! ということで、キャンプ初心者の家族が大容量の荷室を持つ『Jeep® Grand Cherokee Limited (グランド チェロキー リミテッド)』にたっぷり道具を積み込み、外めしの達人指南のもとキャンプ料理に初挑戦!

大自然と野生的レシピが父子のわんぱく心を刺激

坂を上っていくと、車窓に仙石原の青い草原が現れた。

「きれい! すごーい!」

いつもの車よりちょっと高い視点からの眺めは、恵人くんをさらにワクワクさせているようだ。『Jeep® Grand Cherokee Limited』に導かれ家族3人が向かったのは、箱根の某キャンプ場。今日は新調したキャンプ道具をがっつり積載し、敏之パパも気合充分だ。

「今回はキャンプめしをマスターしたい。それにしてもグランドチェロキーはこれだけ荷物を積んでも、箱根の坂をすいすい上りますね」

都心から2時間、キャンプ場に着くと駐車場にバックで停車。「おお! バックのときにサイドミラーが見やすい角度に自動調整してくれるんですね。ほ~」。感心しきりのパパが車から降りると、先に着いていた安田佳弘さんが笑顔で出迎えてくれた。安田さんはもともとキャンプ場に住み込みで働き、いまは三重で田舎暮らしをしつつ手づくり雑貨カフェを営むキャンプ料理の達人。早速料理のご鞭撻・・・の前に、まずは荷降ろし&設営だ。

real_160630_01

1/ オフロードを走行中も、スムースなハンドリングを実現する『Jeep® Grand Cherokee Limited』のエアサスペンション。深い轍などを走る際は、オフロード1モードに切り替えると車高が33㎜上り、走破性UP。
2/ ハンドルの位置もボタンひとつで自動調整できることに驚く敏之パパ。
3/ リアシートを倒せば積載量は最大1,554ℓに。

「どうしてもほしくてティピー(円錐)型テントを買ったんですけど、唯一の欠点は長さがかさばること。でも、この車はリアシートを一席倒せば、なんなく収まりますね」

テントやタープ、机が設置され大自然のなかに家族のプライベートスペースが生まれていく。恵人くんもペグ打ちのお手伝いで大活躍。腕をぐるぐる回してパワーを溜め、ハンマーで打ち込む姿が頼もしいぞ。

設営が終わると、安田さんのダッチオーブンを借りていよいよ食事の準備。「今日のごはんはローストチキンとミネストローネ。野菜は好き?」という安田さんの問いに「タマネギもトマトも大好き」と恵人くん。その横でパパはBBQグリルに炭を置いている。

real_160630_02

キャンプはこまめな水分補給と傷みやすい食材へのケアが大切。ということでクーラーボックスは必携。

「着火材を囲むようにまずは炭を一段だけ置いてください。着火したら、さらに周りに炭を積み上げ、円柱状にしていく。そうすると煙突効果で新鮮な空気が下から取り込まれ、どんどん燃焼が促進されるんです」

一方、まどかママと恵人くんは野菜切りの担当。「一度指を切ったことがあって、包丁は触らせてなかったけど・・・」とママの心配をよそに、恵人くんは「大丈夫」と余裕の表情。

「持論ですけど、小さいころから包丁やナイフは触らせたほうがいい。僕の息子は3歳から触らせてますよ。使い方を知らずに育つほうが逆に怖い」と安田さん。恵人くんも最初はぎこちなかったけれど、徐々に“猫の手”で野菜をうまく切れるように。

となりではパパが、ローストチキン用の丸鶏のお腹に、つぶした冷凍焼きおにぎりを入れようと奮闘中。「ほんまならガーリックライスを作って入れるのが一般的ですけど、こっちのほうが楽でしょ?」。詰め終わったら、型崩れしないよう足や胴をヒモでしばり、クレイジーソルトとニンニクをすり込む。野生的なレシピに、パパは「めっちゃ楽しい!」とキャンプ料理ハイ状態だ。

real_160630_03

1/ 子どもに積極的に手伝ってもらえば、親子で思い出をより深く共有できる。
2/ 型崩れしないようにローストチキン用の鶏の足や胴をタコ糸で縛る。
3/ 炭を筒状に置くと、空気が下から入り上から出ていく循環運動が起こる。新鮮な空気が取り込まれ、燃焼を促進!

最後に、予熱しておいた安田さんのダッチオーブンへ投入。周りを皮そのままの野菜で囲み、蓋をする。「炭の割合いは蓋の上に7、下に3ぐらい。気温にもよりますが、20~30分放っておけば完成です」。

real_160630_04

キャンプを盛り上げる遊び道具。本文で紹介の『ローリングアイスボール』とフリスビーに恵人くんは大ハマリ。子どもは遊びが仕事です。

完成を待っているあいだは、箸作り&アイス作り。安田さんが持ってきた梅の枝の先をナイフで削り、サンドペーパーで手触りを整える。「箸ってこうやって作るんだ!」。

アイス作りでは、材料と氷と塩を球体内部に入れ、転がすことでアイスができ上がる『ローリングアイスボール』が大活躍。元サッカー部のパパと恵人くんは、楽しくボールを蹴り合っている。「恵人、つま先じゃなく右足の内側で蹴ると痛くないぞ~」。

real_160630_05

1/ 梅の木でMY箸作り。「梅の枝はまっすぐなので箸に加工しやすい」と安田さん。最後にクルミの油を塗り完成。
2/ 風が弱くカイトは飛びづらかったが、ふたりがかりでなんとか飛ばした敏之パパと安田さん。
3/ ハンモックは子どもも大人も大好物。見よ、ふたりのこの笑顔。
4/ 元サッカー部のパパの教えをうけ、『ローリングアイスボール』を蹴る恵人くん。「もうアイスできたかな」。

次ページ【パパ、普段は作らないけど意外と料理上手だったんだね!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking