スノーモービルで銀世界の雪山を遊び尽くす!パイオニアで最高峰のBRP社「ski-doo」でかなえる極上体験&絶景レポート

スノーモービルで銀世界の雪山を遊び尽くす!パイオニアで最高峰のBRP社「ski-doo」でかなえる極上体験&絶景レポート

 /  3,630 Views

北米で誕生したウィンター・レジャー「スノーモービル」体験レポート。新型『Grand Cherokee』で春の雪山目指してロングドライブ!

これまでRealStyleではJeep®のタフさとパワフルさを存分に活かした様々なアクティビティーを紹介してきた。そんななか、雪山にJeep®と通じるフィロソフィーを持ち、どんなに雪が深い雪原でも進むことができる質実剛健なヴィークルがあるのをご存知だろうか? それこそが「スノーモービル」である。

そのオリジネイターは、鉄道や航空機で知られるボンバルディア社。むしろボンバルディア社自体が、実はスノーモービルの開発と販売から始まった会社なのだ。そして現在ボンバルディア社系列のBRP社が手がけているスノーモービル「ski-doo(スキードゥー)」は、現在も製造をカナダのケベック(一部をフィンランド)で行っている、スノーモービル界のシェアNo.1を誇るトップブランドである。Jeep®誕生は1941年、そしてボンバルディア社はその翌年1942年設立。大自然を遊び場に変える“北米カルチャー”の体現者であり、創業時期も近い両者。そこに共通する哲学を探るため、都内からまだまだ雪景色が残る新潟県糸魚川市まで『Jeep® Grand Cherokee LIMITED(グランドチェロキー リミテッド)』を走らせた。

東京から約5時間のロングドライブ。
『Grand Cherokee』が可能にする快適なクルーズで日本海を目指す

東京湾から日本海へ。約5時間となる日本列島を突っ切る長距離ルートだが、怯む必要はまったくない。『Grand Cherokee(グランドチェロキー)』の持つ3.6ℓSP V6エンジンと8速オートマチックトランスミッションによるパワフルで滑らかな走り、そして上質な素材を使用したインテリアによる快適な居住性が、長距離ドライブを楽しいクルージングに変えてくれる。そしてそこに華を添えるのが、Alpine®製のサウンドシステム。これらがあれば、日常のオンとオフを切り替える週末の遠出に躊躇はいらない。

東京からのロングドライブで向かうは新潟県糸魚川市。存在は知りながらも、なかなか乗る機会が無いスノーモービルであるが、新潟を拠点にBRP社のスノーモービル「ski-doo」の販売と修理を行っている「RSS 髙喜屋」が全国約10箇所を拠点に、スノーモービルを体験できるツアーを実施している。

旅館からそのまま雪山へ。
早速スノーモービルに乗り込み、基本を学ぶ

そして訪れたのは、新潟県糸魚川市にある活火山「焼山」の麓に佇む温泉宿「焼山温泉 清風館」。RSS髙喜屋はこちらの宿と提携することにより、旅館の駐車場からそのままスノーモービルで雪山に出発できるという快適なツアーを提供しているのだ。

▲今回の体験取材では「ski-doo」の上下ウェアやグローブをお借りした。

まずはRSS 髙喜屋の髙橋盛行さんによる、スノーモービルの仕組みや操作方法のレクチャーからスタート。エンジンの掛け方からアクセルとブレーキ、そして緊急停止用のキルスイッチといった各機能、そしてスノーモービルの特性についての説明が行われる。ここで特に重要なのは「スノーモービルはキャタピラで走り、前面に搭載したスキー板で方向を転換する」ということ。直進する場合にはパワフルに駆動するキャタピラだが、ハンドルを切ってカーブするときにはその存在が抵抗となってハンドリングを妨げてしまうのだ。そこでポイントとなるのが荷重移動。ブレーキをかけスキー側に重心を移動させることで、スキーの接地面積が増え、キャタピラ側の負荷が減り、スムーズなコーナーリングが可能になるという。

▲RSS 髙喜屋代表の髙橋盛行さん

早速取材陣も運転にトライ。最初は平地でぐるぐると回ることで基本操縦を身に着けていく。大きなエンジン音とガソリンの匂い、そして目の前に広がる雪景色と山々。この時点ですでに楽しい…と言ったら大げさに聞こえるかもしれない。しかし、スノーモービルの大きな車体を思い通りに動かして雪の上を移動するのは、それだけで立派なレジャーである。

パワフルかつスピーディー。
スノーモービルでしかたどり着けない絶景を目指して

平地での練習にて、アクセルの開け方、ブレーキの掛け方、そしてハンドリングといった基本動作に慣れたところで、いよいよ雪山へ。旅館の駐車場から平地の練習場、そして雪山までシームレスに移動できるとは思っていなかったので、スノーモービルの万能性とこのツアーのスムーズさに驚かされた。

1列に連なり細い林道を抜け、山を登っていく。雪が降ったり止んだりする山ならではの天候を感じながらスノーモービルを走らせると、徐々に目線が高くなり、さっきまで通ってきた道や旅館が眼下の遥か向こうに遠ざかっていく。取材陣が全員初心者ということでゆっくりとしたスピードで運転していたものの、それでもあっという間に雪山を移動し、日常では体験できない高度まで登ることができるスノーモービルのパワーに感心せずにいられない。

次ページ:【標高950mポイントへ。スノーモービルでしかたどり着けない頂上から見る絶景】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking