『Jeep® Renegade』に乗って、ボルダリング!

 /  10,370 Views

クライミングの聖地・小川山で小野塚彩那が外岩ボルダリングに初挑戦

スキーフリースタイル・ハーフパイプ競技、<ソチオリンピック>女子ブロンズメダリスト<ワールドカップ>2015シリーズチャンピオンである小野塚彩那さんが念願だった外岩ボルダリングに初挑戦。彼女の強さはクライミングでも通用するか!?

『Jeep® Renegade』 with Ayana Onozuka

小野塚さんと待ち合わせをした日は、前日までのどんよりとした空がまるで嘘のような秋晴れ。

いちおうスキー好きを自認する僕にとっては、<ソチオリンピック>や<ワールドカップ>のスキーハーフパイプで華麗なエアトリックを決めて表彰台に立った彼女とのボルダリングセッションがどれだけ楽しみだったか・・・。

抜けるような青空のもと、彼女は鮮やかなソーラーイエローの『Jeep® Renegade TRAILHAWK (ジープレネゲード トレイルホーク)』に乗ってあらわれた。『Jeep® Renegade TRAILHAWK』は4WD車の代名詞ともいえるJeep®が打ち出した、街中でも扱いやすく、雪道から悪路まで高い走破性能をそなえたコンパクトSUV。アクティブな彼女にぴったりの1台だ。人工壁でのロープクライミング経験はあるものの、外岩ボルダリングは初めてで不安と言いながらも、その眼は輝いている。

realstyle151021_1

1/ コンパクトSUV ながら十分なラゲッジスペースを確保。ボルダリングマットなどさまざまなアウトドアギアを収納可能。リアシートは6:4可倒式で、さらに大きな荷物も積み込める
2/『Jeep® Renegade TRAILHAWK』にはJeep®アクティブドライブローにセレクテレイン™システム搭載。「AUTO」「SNOW」「SAND」「MUD」「ROCK」5つのモードで、あらゆる路面状況で優れた走破性を発揮
3/ 運転席 6ウェイ、助手席 4ウェイマニュアル調整機構を標準装備(『Jeep® Renegade TRAILHAWK』)。体をやわらかく、しっかりと受け止めるように設計。視界もよく、長距離のドライビングでも疲れにくい
4/ 取り回しの良さと高い走破性を併せ持ち、舗装路から狭い林道まで安定した走りを実現。クライミングやスキー、そして日常の足としてさまざまな場面で活躍する

次ページ【挑戦して、達成する寸前が最高に気持ちいい瞬間!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking