MY STANDARD. 俳優・村上 淳さんの定番アイテム7選

 /  4,796 Views

カメラ、スケートデッキ、バッグなど、俳優・村上淳さんの定番アイテムをご紹介!

先日公開された連載企画「My Jeep®,My Life ボクとジープの暮らしかた」にて、自身の生き方や物事の眺め方について語ってくれた俳優の村上 淳さん。ここでは、村上さんが日々の生活において、愛用し、身につけている私物をご紹介します。

俳優・村上淳さんの定番アイテム

イーグル&フェザー 『goro’s(ゴローズ)』

「自分にとってかけがえのないブランドのひと品です。それは、ひとつの道を切り開いた、という確かな轍のようなものを感じるから。とはいえ、身につけるときになにかを意識しているわけではなく、気楽にファッション感覚で首に掛けています。仕事をするとき以外は大抵身につけているので、ぼくのヒストリーを一番知っているのはこのアクセサリーかもしれません」

カメラ 『Leica(ライカ)』

「関東カメラという工房でティファニーブルーにペイントしてもらった愛機です。「Paint it Tiffany blue」という名前をつけています。レンズはフォトグラファーの小暮 徹さんにいただいたもの。ぼくはレンズ道楽といえるほどたくさんのレンズを持っているんですが、どのレンズも差し置いて、これがいちばん大切ですね」

エンジニアブーツ 『MADE IN GM JAPAN(メイド イン GM ジャパン)』


「これは、ぼくとデザイナーの村上久典が一緒につくっているブランドのブーツです。手前のものは〈ウノピゥウノウグァーレトレ〉というブランドのショーのためにつくったもの。奥の黒いほうは、ブランドが設立して10年を迎えるときにつくりました。基本的に黒いブーツはデザインしていなかったんですが、やっぱりエンジニアブーツはブラックがかっこいい。そういう意味でも、原点は避けて通れないという想いを込めました」

トートバッグ 『tr.4 suspension(tr.4 サスペンション)』

「自分で撮った写真をプリントして売ったことがあって、このトートバッグはその写真を買ってくれた人が持ち運びがしやすいようにつくったものです。ぼくは行動に名前をつけることが多いんですが、この行為にも「ZEPHYRIAN(ゼフィリアン)」というネーミングを与えました。「風のように」という意味です」

スケートデッキ


「インスタグラムでスヌーピーをモチーフにしたグラフィックを描いている人がいるんですが、一度『tr.4 suspension』のために制作を依頼したことがあるんです。このスケートデッキはそのグラフィックをエアブラシで表現したもので、自転車屋で働いている知人が急にプレゼントしてくれたんです」

トートバッグ 『CELINE(セリーヌ)』


「このブランドはつくりが丁寧ですごく好きです。デザインも上品さがあっていい。このバッグは持っていても嫌味っぽい感じがしないし、なんとなく自分の気分にマッチするところが気に入っています」

台本


「これから出演する作品の台本です。常に手に取れる位置に置いているんですが、もらってからすぐに読むということはしません。自分のなかで意識を高めて、然るべきタイミングがきたときに読みはじめます。そのタイミングを見計らうために、ぼくはよくクルマを運転しますね。ドライブをしながら頭のなかを整理して、さぁ読むぞ! という気持ちになったときに家に戻って台本を読むようにしています」

PROFILE


村上 淳
1973年生まれ。モデルとして活躍した後、93年に公開された映画『ぷるぷる天使的休日』でスクリーンデビューを果たす。その後、さまざまなドラマや映画作品に出演。また 一方ではデザイナーとしての顔も持ち、自身のブランド〈MADE IN GM JAPAN〉を手掛けるほか、〈tr.4 suspension〉、〈black eddie〉といったブランドのクリーエションにも積極的に関わる。

【出演情報】映画『PとJK』(17/監督:廣木隆一)公開待機作に映画『Amy said』(監督:村本大志)、『月と雷』(監督/安藤尋)、『blank13』(監督:齊藤工)、BSスカパードラマ『バウンサー』(4月14日〜毎週金曜夜9時)などがある。

Photo_Fumihiko Ikemoto
Text_Yuichiro Tsuji
Edit_Jun Nakada

この記事は、J-WAVE(81.3FM)のラジオ番組「Jeep® CREATIVE GARAGE」との連動企画です。番組ナビゲーターをAKOさんとフイナム編集長 小牟田亮が担当し、毎月最終日曜日22時から約1時間、「スタンダード」をテーマにゲストのルーツや定番について掘り下げていきます。また、パソコンやスマホでラジオが聴けるサービス「ラジコ(radiko)」を使えば、リアルタイムはもちろん、タイムフリー機能で自分の好きな時間に聴くことも可能です。ラジオとフイナムの新しいアプローチをぜひ一緒にお楽しみください!

Jeep® CREATIVE GARAGE
毎月最終日曜日 22:00〜22:54
ナビゲーター:AKO・小牟田亮(フイナム編集長)
J-WAVE 81.3FM「Jeep® CREATIVE GARAGE」
www.j-wave.co.jp/original/creativegarage/
>>radiko.jpの聴取はコチラから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking