紅葉シーズンにJeep®で行く!岩手・盛岡の秋を堪能するドライブの旅。

 /  7,990 Views

宮古での植樹体験、サケの遡上、江戸~明治・大正ロマンを感じる街並み、絶景の展望台まで。冬間近の東北・岩手のオススメスポットを巡る。

本格的な冬を目前にして、ますます魅力を増していく東北地方。中でも岩手県は、安比高原、八幡平、雫石といったスキー場が点在し、豊かな自然や三陸ならではの豊富な海の幸によって、ウインタースポーツからグルメまで、冬の魅力を存分に楽しむことができる場所のひとつだ。今回はまだ紅葉が残る岩手県を『Jeep® Grand Cherokee(グランドチェロキー)』でドライブ。秋冬シーズンにかけてますます魅力を増していく、現地のオススメスポットをご紹介したい。

まず訪れたのは、Jeep®がサポートする<Present Tree in 宮古>での植樹イベント。Jeep®は冒険の舞台となる森づくりそのものを積極的にサポートしている。開会式を経て山を登っていくと、これまでに植えられた多くの苗木が一面に広がり、今年で活動4年目となるこの森づくり活動の広がりを感じさせてくれる。

Jeep_151013_251
Jeep_151013_101

昨年訪れた際にはナナカマドなどを筆頭に6種類が植えられたものの、支援者数の拡大に伴い、植栽本数が増え、元々標高1,000mを超えていた植栽場所が更に高い場所へとシフトしたことで、今回植えられたのはその環境でも生育可能なブナとミズナラ。参加者はそれぞれ、まだ根の残る地面に苦戦しながらも、鍬で掘り起こして1本1本丁寧に苗木を植えていく。

中には小さな子供も見受けられ、普段とは異なる体験に、終始楽しそうに取り組んでいる様子だった。宮古湾に注ぎ込む閉伊川の源流に近いこの場所での森づくりが、豊富なミネラルを含んだ山水を海へと運び、岩手の豊富な海の幸を育むことにもつながっていく。

Jeep_151013_215

Jeep_151013_155

※写真右下:認定NPO法人 環境リレーションズ研究所提供

今年はアルプホルンの演奏会やチェーンソーカービング実演など、エンターテイメント・プログラムも充実。アルプホルンは花巻を拠点に活動する『早池峰アウトドアクラブ』が演奏をした他、参加者が体験する一幕も。チェーンソーカービングは岩泉町の『KIKORIアート倶楽部』がその技を披露した。

Jeep_151013_090

次ページ:【“普段のカーライフ”をサポート。盛岡ならではのJeep®オーナーの特徴とは?】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking