千葉ロッテマリーンズを応援するバズーカ砲搭載のJeep®を追う!

 /  751 Views

千葉ロッテマリーンズのファン感謝イベント、マリンフェスタ2018でジープが大活躍!4月30日の試合で行われたバズーカチャンスの模様を今季活躍が期待される菅野剛士選手、平沢大河選手へのインタビューと共にお届けします!

★>>【おすすめ記事】野球好きでなくても何かが見つかる NYで知る人ぞ知る夢のベースボールショップ

★>>【おすすめ記事】Jeep®が全力サポートする<X Games>ってどんな大会?2017年開催の“世界最高峰のウィンタースポーツ大会”を徹底レポート!

メジャーリーグ経験も豊富な井口資仁監督を迎えた2018年の千葉ロッテマリーンズ。若手の積極起用など新体制の躍動的な采配で、例年以上にマリーンズファンのボルテージが上がる本拠地ZOZOマリンスタジアムでは、Jeep® がその盛り上げに一役買っている。ゴールデンウィーク前半の4月30日、北海道日本ハムファイターズとの試合で実施されたファン感謝イベント、マリンフェスタ2018でマリーンズとともに活躍するJeep® の姿を追った。

誰でもマリーンズファンになってしまうマリンフェスタ2018

マリンフェスタとは、シーズンオフの恒例行事となっている大規模なファン感謝イベントを毎月行うというコンセプトのもと、2015年から始まった意欲的なイベントだ。2018年は4月30日がその第1回目。言うまでもなくマリーンズファンはスケジュールを承知済みで、スタジアム周辺には12時の開場前(試合開始は14時)から大勢が駆け付けていた。

しかし、マリンフェスタ2018の濃すぎる内容を知れば、少しでも早く球場に足を運びたい気持ちは理解できる。試合前にはマリーンズ選手と触れ合えるウェルカムハイタッチや記念撮影があり、しかも試合後は先ほどまで熱戦が展開していたグラウンドに入ることが許され、そこでもまた選手たちと会える各種プログラムが行われる。さらにこの日は、選手着用と同デザインのマリンフェスタユニフォームが無料配布された。ここまで徹底してファンをよろこばせたら、誰でもマリーンズファンになってしまうだろう。

実際のところ、球場内はマリンフェスタユニフォーム一色となり、さながらスタンドは青い大海原。満員御礼の声援を受け4対2でマリーンズが勝利を収めた。

2回裏終了直後、白いJeep® Wrangler Unlimited登場!

チームとファンが一体となる催しは試合中にも実施される。その先頭を切ったのは「ジープラングラーアンリミテッド(Jeep® Wrangler Unlimited)」だ。昨シーズンの統計上、マリーンズ投手の交代がもっとも少ないタイミングの2回裏終了直後、バックスクリーン下のフェンスが開き、フリーダムトップを全開にした白いラングラーアンリミテッドが登場。これがJeep® バズーカチャンス。

後部座席を取り外したスペースに12連射が可能なバズーカ砲を備え、客席に向けてマリーンズ×Jeep® オリジナルTシャツを打ち込むプログラムは、今季開幕戦からスタートした。初回のマリンフェスタ2018ではさらにグレードアップし、球場の裏手に東京湾が望めることからバズーカ砲を移設したボートを追加。それをラングラーアンリミテッドが牽引するという見応えのあるスタイルに改まった。

バズーカで観客席に向かって打ち込まれるのは、このマリーンズ×Jeep® オリジナルTシャツ!

これまでプロ野球の試合とクルマと言えば、交代投手をブルペンからマウンドまで運ぶ際に使用される程度のものだった。しかしこういう形でファンとのつながりを生むツールに活用されれば、あるいは球場に向かうJeep® が増えるかもしれない。それはJeep® にとってもマリーンズにとってもよろこばしい未来と言えるだろう。

次ページ:【マリーンズの若きReal Adventure 菅野選手&平沢選手にインタビュー!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking