紅葉で彩られた東北をJeep®が駆け抜ける!岩手県宮古市で開催された植樹イベント<Present Tree in 宮古>をサポート!

 /  5,181 Views

林内散策、宮古の草花を使ったコースターやクラフト制作、さんまのつみれ汁まで!秋の三陸を味わい尽くす。

オフロードを走破する楽しみを提供するJeep®では、冒険の舞台となる自然そのものを守る活動もサポートしている。その活動の一環である、「人生の記念日に樹を植えよう」を合い言葉に、森林再生と地域振興を繋げる<Present Tree>。活動地の一つである岩手県宮古市での植樹イベントは今年で3回目。この日、東京・大阪など県外から約50人が参加し、合計90名余りが植樹活動を行なった。

IMG_5944

盛岡から宮古街道を沿岸方向に車を走らせると、徐々に山あいが色とりどりの紅葉に包まれる。山道へと入り砂利を含む不安定なオフロードに突入すると、最適なオフロード設定が選択できるセレクテレインTMシステムを「SAND/MUDモード」に切り替えるだけでスムーズに走行。安定した走りによって、宮古の豊かな自然を楽しみながら会場へ到着することが出来た。イベントの主催者である環境リレーションズ研究所理事長の鈴木さんや宮古市産業振興部長・佐藤さんらによる挨拶を終えると、植樹体験がスタートした。

笹地となっていた標高1000メートルの牧草跡地での植樹体験!

IMG_5665IMG_5820

今回植えるのは、ナナカマド、ヤマザクラ、ブナ、ミズナラの4種類。鍬で円形に土を掘り起こし、苗木の根をしっかりと固定してからもう一度表土をかぶせる。標高1000メートルの山で苗木が生長するのは難しく、この作業をしっかり行なわなければ冬の積雪に耐えることはできない。参加者は地元の方のサポートのもと、互いに協力して青空の下で次々と苗木を植えていく。今回は新たな試みとして今年豊作だったどんぐりを埋め、芽を出し樹と共に生長することを願った。

IMG_5676IMG_5739

こうして植えた苗木にはそれぞれの識別番号が与えられ、地元の方々のサポートを得て約10年をかけて大切に育てられていく。そうして育った苗木は山に降る雨を地中に蓄える手助けをし、その水がシャケの遡上で有名な閉伊川を辿って宮古湾に注ぎ込み、最終的には宮古の漁業を守ることに繋がっていく。この大きな自然のサイクルと、参加者の個人的で大切な記念日が、それぞれの苗木に宿っているのだ。

IMG_5879

また、苗木の生長を見に宮古を訪れることで、回を追うごとに地元の方々との親交も深まっていく。成長すると全体が大きなシャケの形に見えるように植えられたエリアもあり、会場には毎年の変化を楽しみに訪れるリピーターの方も多数見受けられた。品川から来られた参加者の方は「私は今回で2回目なのですが、前回参加した時に楽しかったので、もう一度参加しました。今回は(鍬を入れる表土に)根が張っていて大変でしたが、とても楽しく活動することが出来ました」「僕は他の地域でのPresent Treeにも参加していますが、今回の場所は管理も行き届いていて、気候もよく、気持ちよく植樹をすることが出来ました」と満足そうだ。初めて参加した女性の方も「おいしい空気を吸って、美味しいものを食べて、その中で植樹活動が出来るのはとても楽しかったです」と笑顔を見せていた。

次ページ:【紅葉の秋を楽しむワークショックで自分だけのオリジナルアイテム】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking