Jeep®で行く!関東の日帰り温泉特集!箱根、熱海・伊豆、草津エリアの今年のおすすめ温泉スポット9選!

 /  1,952 Views

【箱根エリア】

『箱根湯本温泉 天成園』

天成園のオススメは屋上にある「天空大露天風呂」。山々が紅く染まる秋をはじめ、新緑、夏空、冬景色と、四季を通じて素晴らしい箱根の景色を眺めながら、豊富な湯量を持つ自家湧出の天然温泉を堪能できる。泉質はまろやかな弱アルカリ性。やさしく肌を包み込み、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩などに効果がある。日帰り入浴利用は午前10時から翌朝9時までの23時間営業になっており、浴衣・バスタオルセットで気軽に出かけられるのも嬉しい。

▼INFO
神奈川県足柄下郡箱根町湯本682
TEL:0460-83-8511
http://www.tenseien.co.jp/

『箱根湯寮』

首都圏では最大級となる19室もの貸切個室の露天風呂『離れ湯屋 花伝』が人気を集める、ゆっくりとくつろぎたい人におすすめしたい温泉が『箱根湯寮』だ。箱根湯本駅から車で3分という利便性の高いロケーションも嬉しく、一歩館内に入ると、まるで別世界とも言えそうな里山の趣きが広がる。貸切風呂のほか、大浴場はもちろん、囲炉裏料理が楽しめる『囲炉裏茶寮 八里』や、ボディケア~マッサージといったリラクセーション・サービスも充実しているため、癒しの空間を求めている人にオススメの温浴施設となっている。

▼INFO
神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4
TEL:0460-85-8411
http://www.hakoneyuryo.jp

『芦の湯 きのくにや』

箱根七湯の中でもアクセスがいいとは言い難い場所に位置しながらも、湯治客がひっきりなしに訪れるのは、温泉の湯がとにかく素晴らしいから。箱根に存在する多くの温泉施設の中でも、自家源泉を持つ貴重な宿として知られている。その最大の魅力は、平成14年に「美肌の湯」宣言をしている泉質自慢の硫黄泉。さらりとした浴感のうっすらと濁った湯と、乳白色のにごり湯の2種類を楽しむことができる。宿では創業300年の宿ならではの魅力を生かし、文明開化の波が訪れた明治時代の食の流行を体験することもできる。

▼INFO
神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯8番地
TEL:0460-83-7045
http://www.hakone-kinokuniya.co.jp/index.html

次ページ:【日本有数の名湯として名高い温泉地!草津エリアから3選!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking