フェス会場の風物詩、ボードウォークをみんなで整備!Jeep® は今年も<フジロックの森プロジェクト>を全力でサポート!

 /  2,095 Views

午前中の搬出作業が終わると、ここで一度昼食休憩。フジロック開催中にはオアシスエリアの人気スペースとなる苗場食堂で地元の新鮮な野菜を使ったサラダと、消耗した体力を補うボリューム満点のカレーが振る舞われ、参加者が舌鼓を打った。

午後からはボードウォークの設営に使用する新たな木材を運搬。手分けして修復ポイントまで運んだのち、敷石を置き、木材をかませて手作業でひとつひとつボードウォークを設営していく。参加者の尽力によって、この日の作業は予定よりも早く終了することとなった。

設営後は参加者がボードウォークにペイントし、この日の作業を思い出に残す。Jeep® も新たなグリルとロゴをペイント。開催当日にボードウォークを歩く際には、開催前に環境を整えた様々な人々の思いを感じて歩くのもいいかもしれない。

イベントに参加した方々はどんな感想を抱いたのだろうか? その一部をご紹介したい。

タカアキさん&アヤさん
「今回のボードウォークの整備は、フジロックのHPで見つけて参加しようと思いました。新しく買ったテントを試すためにも参加してみようと思ったんです(笑)。今日は大自然の中で体を動かすのは気持ちよかったですし、お昼ご飯のカレーが美味しかったです。今年はフジロックには3日間参加するので、チャーチズやダーティー・プロジェクターズ、ヴァンパイア・ウィークエンドを楽しみにしています」

ユウヤさんファミリー
「ボードウォークの整備に参加したのは今回が初めてです。私たちはフジロック自体には行ったことがないんですよ。ただ、特別なイベントのひとつというイメージはありますし、知り合いで以前から参加している方がいて、その方の紹介で参加することにしました。作業は2日間ありますが、泊まられる方はキャンプもできるので、それも楽しそうですね」

最後に、フジロックの森プロジェクト事務局長の佐藤高之さんに、ボードウォークがはじまった経緯や、Jeep® との関係についてお話を伺った。

主催者の佐藤高之さん(写真協力:FCAジャパン株式会社)

「今から16年前に苗場スキー場で、2002苗場マウテンバイクフェスタという大会をやっていたのですが、その際にダンヒル競技のチェアーという車いすで参加される方が多くいらっしゃいました。その方々に、アメリカで『ボードウォークというものがあるよ』と教えていただき、それを日本にも持ってきたいと思ってはじまったのが苗場のボードウォークです。現在では全長1.4kmと長距離のものになったので、今後はそれを次世代に残していけたらと思っています。雪害で壊れてしまうこともありますし、維持費など資金面での課題もありますが、それをしのぎながら残していけたらと思っています。Jeep® さんとは東京で環境イベント『アースデイ東京』に出展した際に、『何か協力できることはないか』とお声がけいただいたのがきっかけで関係が始まりました。今では間伐材を切り出して割り箸にするプロジェクトや、スキー場の宣伝サポートもしてくださっているので、苗場としてもとてもありがたく思っています」

Jeep® はフェス当日も、「CAR PARKING RESCUE supported by Jeep®」やJeep® ブースでのノベルティ贈呈などを通してフジロックを全力でサポートする。来場されるみなさんは、会場でお会いしましょう!

★>>【おすすめ記事】緑の森へ、Jeep® Compassと出かける。植樹活動<Present Tree in 笛吹みさか>の様子をレポート!

★>>【おすすめ記事】Jeep®とgreen birdの百名山プロジェクト ~日光・男体山の清掃ハイキングリポート~

Text:Jin Sugiyama
Photos:横山マサト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking