はじめてのフェスキャンプを<フジロックフェスティバル’16>で体験!Renegadeで行く女子二人旅レポート。

 /  5,128 Views

『Jeep® Renegade LIMITED』で行く in <FUJI ROCK FESTIVAL 2016>。アウトドアと音楽好きな女子二人が初フェスキャンプに挑戦!

青空、大自然、音楽。夏の思い出をフジロックで
だれもが童心に返ってしまう3日間。これがなきゃ夏は、終われない!

緑あふれる大自然のなかで、心地いい音楽に身をゆだねたい。私をより行動的にしてくれる車、『Jeep® Renegade LIMITED(レネゲードリミテッド)』に乗って、3日間青空に恵まれた<フジロックフェスティバル>に出かけてきました!

7月下旬。今年も新潟・苗場にこの季節がやってきた。そう、<フジロックフェスティバル>!

「理絵さんは<フジロック>に行ったことあります?」

「うん、6~7回くらい行ったことがあるかな? 音楽とキャンプの両方を楽しめるし、なんだか大規模なお祭りみたいでさ、毎年行きたくなっちゃうよね」

「へえ~、いいなあ! 私、ずっと行ってみたいと思ってて」

「そうなの? じゃあ、今年行っちゃう?」

「わー、行きたいです!」

夏の思い出に<フジロック>へ行こう。山友だちの理乃ちゃんと、そんな話で盛り上がった。

「でも私、フェスもキャンプも未経験だし、ちょっと心配かも」

「大丈夫!キャンプの準備と運転はわたしに任せてよ。初心者の理乃ちゃんが思いっきり楽しめるように、フェスキャンプの先輩としてわたしが全力でサポートするからさ」

realstyle160923_01

1/ 大型テントにマット、それにクーラーボックスにバックパック。これだけ積んでもまだまだ余裕だ。
2/ 道中は出演アーティストの音源を聞いてノリノリドライブ。
3/ 祝・20 周年!
4/ 知らないバンドでも盛り上がれちゃうのが夏フェスマジック。ステージで繰り広げられるパフォーマンスに大はしゃぎ。

<フジロック>初日の朝6時。私は理乃ちゃんをピックアップするべく、東京駅前へ向かった。

今回、ふたりのフェス旅を支えてくれるのは、Jeep®の小型SUV『Jeep® Renegade LIMITED』。Jeep®らしい洗練されたデザインはそのままに、女性でも乗り回しやすいスモールサイズで、少し丸みを帯びたボディがなんとも愛らしい。小型ながらも荷物はたくさん積めるし、アクティブ志向の女性にぴったりの車だ。

「理絵さん、今日はよろしくお願いします!」

合流した私たちは、これから起こるフェスティバルでの楽しい出来事を想像しながら、苗場をめざして颯爽と走り出した。東京から会場の苗場スキー場までは、首都高と関越道を乗り継ぎ、月夜野ICで下車する。約3時間のドライブだ。

「移動が車だと、荷物もたくさん持っていけるし、自分たちのペースで向かえるからすごく快適。私も車が欲しくなっちゃうな!」と、理乃ちゃん。

現役女子大生の理乃ちゃんは、これから車の運転免許を取得するところ。「『Renegade LIMITED』みたいなカッコかわいい車に乗りたい」と、助手席で目を輝かせている。「次のSAで、ひと息つこっか」。道中はいくつかのSAに立ち寄り、ご当地土産をチェックしつつ、こまめに休憩を挟んで会場を目指した。こういった道のりも、じつに楽しい。

「わー、すごい人!」

予定時刻どおり、苗場スキー場へと到着したわたしたちは、<フジロック>の賑わいを目の当たりにしてテンションは右肩上がりだ。まずはテントを張り、3日間の基地を作ってからステージへ向かう。

知らないバンドでも盛り上がれちゃうのが夏フェスマジック。ステージで繰り広げられるパフォーマン
スに大はしゃぎ。

「<フジロック>って、広い!」

レッドマーキーからグリーンステージへ、そして川沿いのところ天国を経由して、ホワイトステージへ。
各ステージでは熱気あふれるライブが繰り広げられ、フジロッカーたちは思い思いの時間を過ごしている。

realstyle160923_02

1/「乗り心地がよくて、思わずウトウトしちゃった」と理乃ちゃん。
2/ テントが何千張りも集まるキャンプサイトでは、なるべくわかりやすい場所に設営するのがポイント。
3/ 高速道路を降りてからは登り基調の峠道が続く。パワーのあるJeep® Renegade LIMITEDは運転もスムースだ。

「ねぇねぇ、あれ見て」。理乃ちゃんが突然、指をさす。わたしたちが乗ってきたJeep®の特設ブースだ。ここでは、Jeep®の『フェイスブック』ページにいいねをしたり、SNSに写真をアップしたりすると、ロゴ入りのフェイスタオルや、かわいいタトゥシールがもらえるらしい。

「理乃ちゃん、いい感じ~」。早速、もらったシールをほっぺにぺたり。タオルも首に巻いて、私たちはまた苗場の大自然のなかを歩きだした。

realstyle160923_03

1/ 会場ではこのタイムテーブルが私たちのコンシェルジュ。
2/「早くこの中で寝たい!」と、はじめてのフェスキャンプにウキウキモード。
3/ ワンポールテントは女子だけでも設営が楽ちん。
4/ 朝食は、焼きたてのハニートースト。う~ん、美味!

realstyle160923_04

1/ Jeep®のタトゥシールで早速フェイスペイント。
2/ ふと立ち寄ったブースで太鼓を叩いていたら、あれよあれよという間に民族楽器セッションがスタート!?こういったノリのよさも夏フェスならでは。
3/ <フジロック>に欠かせないボードウォークにもJeep®のロゴマークを発見!
4/ 日が沈むと、幻想的な空間が。

女子二人旅の模様をまとめたスペシャルムービーも公開中!

次ページ【音楽だけじゃない フジロックの魅力】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking