Jeep®︎ UNMAP YOUR LIFE 〜山形県、月山バックカントリー&雪上車ツアー編〜 自分を解放する、こだわりの時間

 /  5,388 Views

Jeep®︎のメッセージ「人生は、どこへ行くかではない。どう楽しむかだ」を体現する企画、UNMAP YOUR LIFE。今回はジープ コンパス リミテッドで、春スキーで有名な山形県志津温泉月山スキー場へ。7月までスキーが楽しめる秘境だ。

★>>【おすすめ記事】極上スキーを極上リゾートで。ロッテアライリゾートで過ごすパウダー三昧トリップ

★>>【おすすめ記事】Jeep® UNMAP YOUR LIFE~北アルプス、白馬大池 & 朝日岳編〜

アウトドアファンにとっては、いよいよキャンプシーズンが到来する。そして夏山シーズンに向けて気分が切り替わりつつある季節となった。

そんな中、4月8日(日)から今シーズンの営業がついにスタートするスキー場がある。
山形県にある月山だ。
ここは、日本有数の豪雪地帯で、スキーヤー、スノーボーダーには日本で最も遅くまで営業しているスキー場として名が知られている場所。

(※最新のゲレンデオープン状況に関してはこちらからお問い合わせください。)

真冬の積雪量は6mとも8mとも言われ、その雪深さゆえに冬はアクセスが断たれスキー場は閉鎖。降雪が落ち着き、道路が開通するのを待つために4月から営業がはじまるという個性的なスキー場なのだ。
営業終了は雪の溶け具合にもよるが7月下旬まで予定されている。

今回は、そんな秘境感に溢れるエリアをご紹介。

以下は、観測史上最大の積雪量を記録した今年の冬に、『ジープ コンパス リミテッド(Jeep®️ Compass Limited)』で行ったレポート。
これからはじまる春スキーの季節とは違った様子ではあるが、この地の魅力を垣間見て欲しい。

首都圏発、豪雪地帯の山奥を目指す

今回の相棒は、気の許せる学生時代からのスキー仲間とコンパス リミテッド。
ラゲッジルームにはお気に入りの滑走道具を二人分詰め込み、非日常の世界へ。
厳冬期の2月下旬、一年で最も雪深い時期を狙った。

月山インターチェンジより志津温泉へ。

志津温泉から月山スキー場方面を眺める。

目指すは秘境の地。10年後も記憶に残る旅を

都内を出発し、休憩を挟んで走ること約7時間。約450kmという道のりは首都圏から向かうスキーエリアとしてはかなり遠い。

そう、今回のテーマは普段行かないエリアに“敢えて”向かおう、というもの。
遠くても、道が険しくても、不便でもいい。ただし、他では体験できない、10年経っても鮮明に思い出せる旅をしたい。

そうして、数ある選択肢の中から行き着いたのが厳冬期の月山だった。
そこは山形県の中央部、磐梯(ばんだい)朝日国立公園内に位置する。
ただ、前述の通りこの時期の月山スキー場への道は雪のために開通しておらず、ゲレンデは閉鎖中でリフトは動いていない。それにも関わらず滑りにいくというイキな発想は、バックカントリースキー愛好家なら魅力を感じずにはいられないだろう。

そして、ここを選んだもう一つの理由は、滑る以外にも旅先としての魅力に溢れていることだった。
極上の温泉があり、地域独自の食文化に溢れ、しかも『雪旅籠の灯り』という雪とロウソクで織りなす特別イベントが開催されていた。

森林限界の大斜面と、ブナの深い森

午前中に都内で仲間を拾って、いざ東北道を北上する。
相棒のコンパス リミテッドは、都会使いにも便利なサイズ感にして、どんな場所でもグイグイ進んでくれる走破性を併せ持つSUV。

東北の山並みの中を走るコンパス リミテッド。

まずは東北自動車道を北上。会津磐梯の山並みを左手に過ぎ、蔵王の手前で山形道へ入る。
晴天だったこの日は、山形市内を過ぎた寒河江あたりから月山の山頂部が見えた。
周りの山とは違い、木のない真っ白なツルンとした山容で、独特のオーラを感じさせる。

山形自動車道の終点、月山インターチェンジで高速道路を降り、約6kmの下道を経て志津温泉へ。
途中、車の高さを優に超える雪壁に挟まれた道を進む。

月山インターチェンジから志津温泉へ。

志津温泉から月山スキー場、姥ヶ岳(うばがたけ)を望む。

秘境温泉と山里料理を堪能

初日の宿は、『変若水の湯 つたや』を選んだ。志津温泉で唯一露天風呂を有する宿だ。

『変若水の湯 つたや』のエントランス。

フロントロビーには、カフェも併設。

『変若水』と書いて“おちみず”と読み、若返りの水という意味を持つ。“月山の魅力を伝える宿”という先代からの思いを受け継ぎ、1997年にリニューアルオープン。風情ある大浴場に加えて、二つの貸切風呂も用意。そして、山形、庄内平野と月山の自然の恵みをふんだんに取り入れた食事は、夕も朝も絶品料理が揃う。
女将こだわりの山里料理が自慢で、宿の周辺で採れた山菜や川魚など旬の食材を取り入れた品々はどれも美味。地元の地ビールや日本酒も取り揃え、山形のこの地へ来たことを味覚でも心ゆくまで実感できる。

晴れた日には、大きな窓からは内風呂からも姥ヶ岳が見える。

サービスで用意されている日本酒。

露天風呂の脇の雪は2m以上になることも。

厳冬期でも鮎の唐揚げが食べられる。

野菜とキノコで絶妙な味付けに仕上がっている大根の煮物。常連客からの人気も高い。山里料理には先人の知恵がふんだんに引き継がれており、山菜やキノコなどを保存食として活用するための塩漬けや乾燥、その戻し方に受け継がれている。結果、保存した方が味わい深い風味が出るのだという。

特選山形牛のステーキ。

都会を離れて初めて訪れる場所への高揚感と、あたりには何もない山奥の特別感に心は解き放たれ、お互いしばらく合わなかった期間の仕事のこと、家族のことなど、30代、男同士の語らいを楽しんだ。

朝食もボリューム満点。ぜひ、ゆっくりと堪能したい。

フロントエリアに設けられている暖炉スペース。

風呂へ繋がる廊下も、ゆっくりと寛げる空間。

次ページ:【キャット(雪上車)に乗り目指すは、姥が岳】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Jeep®の最新情報をお届けします。

Ranking